光脱毛・レーザー脱毛は白髪はNG?VIO白髪の脱毛方法まとめ

白髪の脱毛は?

30~40代になるとVIOにも生えてくる白髪

他の部位よりも太く毛の多いVIOに1本だけ白い毛が…なんて、かなり恥ずかしくて脱毛したい思いに駆られている方も多いのではないでしょうか。

ただ、残念なことに多くの脱毛サロンや脱毛クリニックでは白髪を脱毛することができません。

「もしかして白髪は脱毛を諦めなきゃいけないの!?」

そんな風に思ってしまったあなた、安心してください。

白髪であっても、脱毛できる方法はきちんと用意されています。

そこで今回はVIO白髪にお悩みの方に向けて、白髪が生えてくる理由からVIO白髪の脱毛方法まで、詳しく紹介していきます。

光脱毛やレーザー脱毛では白髪が脱毛できない理由

できない

多くの脱毛サロンや脱毛クリニックで取り入れられている光脱毛やレーザー脱毛で白髪では効果がないのには、毛に含まれているメラニン色素が深く関係しています。

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応させることで毛根に熱ダメージを与えて脱毛する脱毛方法です。

そのためメラニン色素薄い細い毛や産毛ではなかなか効果が感じられにくいと言われています。

細い毛や産毛では効果が感じられにくい程度で済むものの、そもそも白髪にはメラニン色素がありません。

他の黒い毛と同様に光脱毛やレーザー脱毛をしても脱毛の効果を得ることができないのです。

VIOが白髪になる理由とは?抜いても大丈夫?

なぜ

そもそもどうして白髪は生えてきてしまうのでしょう?

その理由としては「加齢」「生活習慣の乱れ」「遺伝」の3つがあると言われています。

毛が黒くなる原因であるメラニン色素は、メラノサイトと呼ばれる細胞から作られています。

メラノサイトが加齢の影響で機能が弱まったり、生活習慣の乱れやストレスの影響で十分に栄養がいきわたらなくなったりしてしまうと、メラニン色素の生産量が減少して白髪が増えてしまうのです。

白髪が生えてくる原因の1つと言われている遺伝ですが、白髪と遺伝の関係は科学的には証明されていません。

ただ、親の肌の色が子供にも遺伝すると言われていることから、体内の色素は少なからず遺伝に影響を受けていると考えられており、親が白髪になりやすい場合は子供も白髪になりやすい体質を持っていることが多いと言われています。

白髪が生えてくると、恥ずかしさから「抜いてしまおう!」と思う人も多いですが絶対に止めましょう。

無理矢理抜いてしまうと肌に大きなダメージを与えることになり、特にVIOの毛は毛根が太く衛生的に保つことが難しいことからも炎症や埋もれ毛が発生しやすくなってしまいます。

「どうしても白髪が気になるから今すぐ処理したい」という場合には、シェーバーなどを使って毛を短くするなど抜く以外の対処法を取るようにしましょう。

白髪の脱毛ができる!ニードル脱毛と蓄熱式脱毛とは?

ニードル脱毛

メラニン色素のある普通の毛では光脱毛やレーザー脱毛が脱毛法として有名ですが、白髪には「ニードル脱毛」「蓄熱式脱毛」という2種類の脱毛方法があります。

それぞれどんな脱毛方法なのか詳しく見ていきましょう。

ニードル脱毛の脱毛方法

ニードル

ニードル脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛のように肌に熱エネルギーを照射させる方法とは大きく異なり、毛穴1つ1つに施術を行う方法です。

毛穴に直接針を差し込み、毛根に向かって電流を流し込むことで毛に栄養を送る役割の毛乳頭を破壊し、確実に脱毛することができます。

この施術方法から、別名「針脱毛」「電気脱毛」とも呼ばれています。

一度処理したムダ毛は将来的にも生えてくることがほぼないため、光脱毛やレーザー脱毛を含めた脱毛方法の中でも最も脱毛効果の高い施術方法と言われています。

蓄熱式脱毛の脱毛方法

バルジ領域

参照元kenasiii.com

蓄熱式脱毛とは、毛を作りだす元となる『バルジ領域』にダメージを与えることで脱毛を促す方法です。

光脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素のある毛根にアプローチする方法ですが、バルジ領域は毛穴の一部のためメラニン色素がなくても脱毛を行うことができるのです。

また、低いパワーで脱毛部位に何十回も照射させる施術方法が蓄熱式脱毛の特徴です。

「そんな照射回数が多いと、施術時間もかなりかかるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、蓄熱式脱毛では光脱毛やレーザー脱毛と比較して10倍以上のスピードで照射が行われているので、むしろ施術時間は短く済みます

光脱毛やレーザー脱毛と比較してレーザーが低パワーなので、痛みが少ないのも蓄熱式脱毛の特徴です。

白髪脱毛ができる脱毛方法のメリット・デメリット

脱毛クリニックメリットデメリット

白髪脱毛ができる脱毛方法はニードル脱毛と蓄熱式脱毛ですが、それぞれの脱毛方法にはメリットとデメリットが存在します。

白髪脱毛をしたい人はまずそれぞれのメリット・デメリットを知った上でどちらの方法で脱毛するかを選ぶようにしましょう。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

メリット・デメリット

  • 施術した毛穴には2度と毛が生えてこない
  • 白髪でも確実に脱毛ができる
  • 日焼けした肌、色黒の肌でも施術が可能
  • 効果をすぐに実感できる
  • 施術時間がかかる
  • 針を毛穴に刺し、電流を流すため激痛
  • 他の施術方法と比較して料金が高額
  • 施術を受けられるお店が少ない

ニードル脱毛のメリットは、何よりも施術した箇所には2度と毛が生えてこないという点です。

メラニン色素に全く関係なく施術が行えるため、白髪でも脱毛ができ、日焼けした肌や色黒の肌でも施術ができることもメリットでしょう。

ニードル脱毛のデメリットは、とにかく施術時間が長いことです。

毛穴1本1本に針を刺す施術方法のため、とても手間がかかります。

また施術時の痛みが強いため、施術を受ける人によっては相当辛く感じることもあるようです。

ニードル脱毛の痛みについて、中には「タトゥーをするよりも痛い」と言う人もいるそうですよ。

また、ニードル脱毛は時間計算や本数計算など、お店によって施術料金のシステムは異なりますが値段は他の脱毛方法と比較して割高です。

時間がかかり値段が高額なことからも、現在ではメインは光脱毛やレーザー脱毛、サブとして部分的にニードル脱毛の施術を受けるという方が多いようです。

脱毛サロンでの蓄熱式脱毛のメリット・デメリット

蓄熱式メリットデメリット

  • 痛みが少ない
  • 値段が安い
  • 施術時間が短い
  • 産毛への効果がある
  • 日焼けした肌、色黒の肌でも施術が可能
  • 脱毛効果を感じるまでに時間がかかる

蓄熱式脱毛の最大のデメリットは、脱毛を実感できるようになるために時間がかかることです。

光脱毛やレーザー脱毛では今生えている毛にアプローチする施術方法であるのに対し、蓄熱式脱毛はバルジ領域にダメージを与えることで、将来的に新しく毛が生えてこないようにする施術法です。

そのため、蓄熱式脱毛では今生えている毛には特に効果がなく、脱毛を実感するまでに時間がかかるため「蓄熱式脱毛は効果が全くなかった」と感じてしまう人も多いようです。

蓄熱式脱毛を受ける際には予め時間がかかる脱毛法であることをしっかりと理解した上で施術を受けるようにしましょう。

効果を実感するのに時間がかかることはデメリットですが、光脱毛やレーザー脱毛ではメラニン色素が薄いことが原因で、脱毛に対応しにくい産毛や細い毛についてもしっかりと脱毛を行えることは蓄熱式脱毛のメリットです。

VIOの白髪脱毛もOK!オススメの脱毛サロン・脱毛クリニック

最後に、VIO白髪の脱毛施術を行っているおすすめの脱毛サロン・脱毛クリニックを紹介していきます。

VIO白髪にお悩みの方は、ぜひ紹介するサロンに相談に行ってみてくださいね。

ニードル脱毛で脱毛できる脱毛サロン・脱毛クリニック

ニードル脱毛におすすめの脱毛サロン・脱毛クリニック
店舗名 脱毛サロンの特徴 主なプラン
トータルビューティーフィット ・脱毛サロン
・27年営業している老舗のお店
1時間15,000円
TBC ・脱毛サロン
・ニードル脱毛の他に光脱毛施術も可能
1本108円~143円
※部位により異なる
BEAUTY SKIN CLINIC ・脱毛クリニック
・ニードル脱毛の他にレーザー脱毛、蓄熱式脱毛も可能
絶縁針脱毛:1本 500円
横浜ベイクリニック ・脱毛クリニック
・テスト脱毛あり
・男性脱毛も可能
わき・VIO:15分につき
平日9,000円、土日9,750円

脱毛サロンでは「トータルビューティーフィット」「TBC」、脱毛クリニックでは「BEAUTY SKIN CLINIC」「横浜ベイクリニック」で脱毛が可能になっています。

ニードル脱毛は光脱毛やレーザー脱毛とは異なり、脱毛する毛の本数や施術時間によって料金が変わるようです。

蓄熱式脱毛で脱毛できる脱毛サロン・脱毛クリニック

蓄熱式脱毛におすすめの脱毛サロン・脱毛クリニック
店舗名 脱毛サロンの特徴 主なプラン
ストラッシュ ・脱毛サロン
・医療関係者が選ぶ脱毛サロン3年連続第1位
Sパーツ:2,667円(1回施術)
ディオーネ ・脱毛サロン
・痛みのない脱毛を採用
semiハイジーナコース:96,000円(全12回)
リゼクリニック ・蓄熱式脱毛の他にレーザー脱毛も施術可能
・脱毛機の指定は不可
VIO:99,800円(5回コース)
日比谷ヒフ科クリニック ・脱毛クリニック
・蓄熱式脱毛は日比谷院のみ
Vライン:20,000~30,000円

蓄熱式脱毛は導入されている脱毛サロン・脱毛クリニックが少なくなっており、脱毛クリニックで言えば「脱毛機の指定ができない」「店舗によっては取り扱いがない」ということもあります。

どうしても蓄熱式脱毛での脱毛を希望するのであれば、蓄熱式脱毛を指定できるかどうかあらかじめカウンセリングで確認しておくか、蓄熱式脱毛機のみを取り扱っている脱毛サロン・脱毛クリニックで脱毛するようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回はVIO白髪の脱毛についてご紹介しました。

脱毛というと光脱毛やレーザー脱毛が一般的なため、ニードル脱毛や蓄熱式脱毛については知らなかったという方も多かったのではないでしょうか。

VIO白髪に悩んでいる方でも、白髪でもちゃんと脱毛できる方法があるので安心してくださいね。

痛みに強い方、費用はかかっても良いからとにかく白髪を脱毛したいという方はニードル脱毛できるだけ痛みが少ない施術を受けたい方、費用を押さえたい方には蓄熱式脱毛をオススメします。

レーザー脱毛・蓄熱式脱毛それぞれ施術を行っている脱毛サロン・脱毛クリニックも紹介したので、VIO白髪に悩んでいる方は、まずは気になったお店に相談に行ってみてください。

トップページへ戻る