Iラインの脱毛で失敗しないために知っておきたい基礎知識

Iライン脱毛基礎知識

美意識が高い人に人気の「Iライン脱毛」

最近では、デリケートゾーンの快適さや清潔さを求めて、脱毛を始める人も増えているようです。

実際デリケートゾーンの毛深さに悩んでいる人や、セルフケアの面倒さにうんざりしている人には、大変おすすめな脱毛施術といえるでしょう。

今回はそんなIライン脱毛について、範囲や痛み、メリット・デメリットから気になるIライン脱毛のポイントまで詳しくご紹介していきます!

Iライン脱毛の基礎知識

Iライン脱毛の基礎知識

Iライン脱毛は、デリケートゾーンの脱毛の1つです。

デリケートゾーンといえば一般的にビキニラインのことを思い浮かべるかもしれません。

しかし脱毛業界では脚の付け根、性器周辺、肛門周囲もデリケートゾーンに含まれます。

これらのデリケートゾーン全てのムダ毛を脱毛することは「ハイジニーナ脱毛」もしくは「VIO脱毛」と呼ばれています。

Iライン脱毛の範囲は?

「Iライン脱毛」とは、具体的にどの範囲の脱毛を指すのでしょうか? 以下に、デリケートゾーンのそれぞれの脱毛箇所をご紹介します。

Iライン脱毛
性器周辺の毛の脱毛を表します。
毛の生え方がアルファベットの「I」に似ているため、Iラインと名付けられています。
Vライン脱毛
両足の付け根の毛の脱毛を表します。
毛の生え方がアルファベットの「V」に似ているため、Vラインと名付けられています。
いわゆる「ビキニライン」のことです。
Oライン脱毛
肛門周囲の毛の脱毛を表します。
毛の生え方がアルファベットの「O」に似ているため、Oラインと名付けられています。

「VIO脱毛」とは、Vライン脱毛、Iライン脱毛、Oライン脱毛のそれぞれの頭文字をとった総称で、デリケートゾーン全体の脱毛を指します。

Iライン脱毛の痛みはどれくらい?

Iライン脱毛は、Vライン・Iライン・Oラインの3つの脱毛の中では「最も痛みが強い」です。

理由としては、

  • 性器の周辺ということで皮膚が薄い
  • 性器の周辺の毛は、太く濃い毛が多い

さらに、施術を実施する箇所に「恥骨」があることで、痛みが骨を通じて響きやすいという事情もあります。

ただし、口コミを見てみると、痛みが強いのは最初の1~2回で回数を重ねるごとに痛みは和らいでいくようです。

特に医療脱毛と比べると、脱毛サロンでの脱毛の方が痛みが弱い傾向にあります

Iライン脱毛をするメリット

他の部位に比べて痛みが強いIラインですが、脱毛した時にどのようなメリットがあるのでしょうか。

Iラインを脱毛した人の口コミを中心にIラインを脱毛した時のメリットについて調べてみると以下のことが分かりました!

  • 自己処理の手間がなくなる
  • 自己処理の危険が避けられる
  • 清潔さがキープできる

Iライン(性器周辺)は、実は人体の中で最も毛の多い箇所の1つです。
自分で剃っても、時間が経てばすぐにまた生えてくるので、とても面倒で手間がかかる箇所ですよね。

さらに、Iライン部分は鏡を使っても見にくく、ちゃんと剃れているのか確認することも難しいので、自己処理の場合はカミソリで粘膜を傷つける恐れがあります。

脱毛サロンや脱毛クリニックなどのプロに任せればそういった危険を避けることができます。

さらに、IラインをはじめVIO脱毛をすることをハイジニーナ脱毛と言いますが、これは衛生を意味する「hygiene(ハイジーン)」という言葉から来ています。

デリケートゾーンを脱毛することにより蒸れにくくなり、清潔な状態がキープできるので、臭いやかゆみ、かぶれ、雑菌が原因の湿疹などの予防につながるということもIライン脱毛のメリットです。

Iライン脱毛をするデメリット

では反対にIラインの脱毛のデメリットには何があるでしょうか。
調べてみると以下のようなことが分かりました。

  • 脱毛時の痛みが強め
  • 恥ずかしい

前述でもお伝えしたようにIラインの脱毛はとにかく痛いのがデメリット。

痛みが苦手な人の場合、出力を下げて痛みを少なくすることもできますが、その場合脱毛効果が下がってしまうため、脱毛回数余分に必要になってしまうこともあります。

また、性器周りというデリケートな部位なので、恥ずかしいからと脱毛をためらう人も多いようです。

吹き出しうさぎ指さし

脱毛時に恥ずかしいと思っている人も多いけど、脱毛サロンや脱毛クリニックのスタッフさんたちはたくさんの人の脱毛施術をしてきているから、脱毛施術中は何とも思わないんだって。
実際に脱毛した人の意見でも、初めては恥ずかしかったけど2回目以降はだんだん恥ずかしさを感じなくなったという意見が多いよ。

Iラインを脱毛する時のポイントは?

Iライン脱毛のポイント
Iラインは基本的に人の目に触れることのない場所ではありますが、デリケートな部位なだけあって脱毛に失敗した時の後悔も大きくなりがち。

そんなIラインの脱毛に失敗しないためにも、以下のポイントをしっかり押さえておきましょう。

  • Iラインを脱毛する時はVIOセットで脱毛する
  • Vラインの毛を自然に残したい場合は前方の毛を少し残す

Iラインを脱毛する時はVIOセットで脱毛する

Iラインを脱毛する時のポイントの1つが、VラインやOラインもセットで脱毛することです。

Iラインのみを脱毛することももちろん可能ではありますが、Iラインのみを脱毛すると他の部位のムダ毛が際立ってしまうことになります。

Iラインの脱毛後にVラインやOラインを脱毛するとなると余分に料金がかかってしまうというデメリットもあります。

特に、Vラインの毛を残したい場合は全体のバランスを見ながら脱毛するほうが自然な仕上がりも作りやすいです。

Iラインを脱毛するのであればVIOライン全てセットで脱毛すると良いでしょう。

Vラインの毛を自然に残したい場合は前方の毛を少し残す

「Vラインも含めて全てツルツルにしたい!」という場合は問題ないのですが、もしVラインを残して脱毛したいのであれば、Iラインの毛は少し残したほうが自然になります。

理由は、Iラインの毛を全て無くした場合、Vラインの毛を残していても正面からデリケートな部位が丸見えになる可能性があるからです。

デリケートゾーンの毛を違和感なく自然な形にしたいのであれば、Vラインの幅から少しずつ幅を細くしてIラインの前辺り(3分の1程度の位置)で終わるように処理するのがおすすめ。

そうすることで正面からでも違和感なく形を整えることが可能です。

Iライン脱毛に関するQ&A

Iライン脱毛のQ&A
Iラインを脱毛する時の気になる疑問についてお答えしてみました!

施術中に”濡れる”心配はない?

デリケートな箇所に施術を行うため、女性にとっては少々切実な疑問かもしれません。

仮に、施術中に”濡れて”しまうようなことがあっても、これはただの生理現象です。

相手はプロで、このようなケースにも遭遇しているので、淡々と対応してくれます

なお、体験者の声を聞くと「恥ずかしさを感じる間もなく施術が終わった」「痛みに意識がいっていたので”濡れる”ようなことはなかった」というような意見も多いので、安心して施術を受けるといいでしょう。

妊娠に気づかず施術を受けた場合の影響は?

施術期間中に妊娠が発覚した場合、赤ちゃんや母胎への影響を心配するママも多いことでしょう。

結論から言いますと「レーザーは赤ちゃん・母胎に悪影響がない」と考えられます。
レーザーの光は臓器よりもはるかに浅い深さまでしか到達しないのです。

ただし、万が一の影響を避けるために、妊娠が発覚した時点で脱毛の施術を受けることは控えて下さい。

具体的な再開時期・返金などについては、通っているクリニック・サロンと相談するようにしましょう。

これでIライン脱毛も怖くない!『Iライン脱毛』の情報まとめ

Iライン脱毛まとめ

Iライン脱毛について、今回の記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • Iライン脱毛は性器周辺の毛の脱毛を指す
  • Iライン脱毛は他の部位に比べて痛みが強い
  • Iライン脱毛をすると自己処理の手間やケガを避けられる
  • Iライン脱毛によってデリケートゾーンを清潔に保ちやすい
  • 恥ずかしさを感じる人もいるが、多くの場合回数をこなすと何とも思わない
  • Iライン脱毛はVIO脱毛セットでするほうがきれいに整えやすい
  • 自然な形でVラインを残すならIラインの毛は少し残す

Iライン脱毛はデリケートな部位だからこそ、自己処理ではなくプロに任せて脱毛するのがおすすめです。

アンダーヘアを自然な形で残したい場合は、Iラインの毛をVラインの毛からつなげる形で少し残すのがポイントです。

また、脱毛をする時は整えやすさ・料金の面から考えて、VIOセットで脱毛すると良いでしょう。

当サイトではVIO脱毛におすすめの脱毛サロン・脱毛クリニックをランキング形式でご紹介しています。

IラインだけでなくVIOセットでアンダーヘアを整えたい人はぜひチェックしてみて下さいね。

VIO脱毛おすすめランキング

関連記事

トップページへ戻る