生理中に脱毛は受けられない?脱毛できない場合の理由と影響を調査!

生理中

脱毛施術を受けるにあたり、気になるのが生理中の対応。

「VIO以外なら脱毛施術を受けても問題なさそうだけど…」
「生理中に脱毛をしたら何かリスクがあるのかな」

と、こんな疑問を持つ方も多いでしょう。

細かい対応は脱毛サロン・クリニックによって異なりますが、生理中のVIO(デリケートゾーン)の脱毛はお断りしている脱毛サロン・クリニックがほとんどです。

また、VIO以外の部位でも生理中の脱毛は避けた方が良いと言われていますが、この理由をご存知でしょうか。

今回は、生理中に脱毛ができない場合の理由と、その影響を細かく調査しました。

生理中の脱毛に関して疑問や不安を感じている方はぜひ目を通してみてくださいね。

脱毛施術は生理中は受けられない?その理由は?

生理中理由

女性にとっては月1回ペースで訪れる生理の期間。生理中と施術日を重ならないようにするのは、なかなか難しいですよね。

脱毛サロン・クリニックによってはVIO以外であれば施術を受けられるところもありますが、そもそも生理中の脱毛はVIO以外でも避けた方が良いと言われています。

その理由としては「痛みが起こりやすいから」「脱毛の効果が弱まる可能性があるから」「サロンの衛生上の問題」の3つがあると言われています。それぞれ詳しい理由を見ていきましょう。

生理中の脱毛は痛みが起こりやすい

まず、生理中の脱毛を避けた方が良い理由の1つとしては、生理中の脱毛が通常の施術よりも痛みが起こりやすいことがあげられます。

女性の体は、
・月経期
・卵胞期
・排卵期
・黄体期

と周期を繰り返しています。

その周期の中で時期によってコラーゲンの生成を促したり、肌の張りを保つなど女性らしさを作る「エストロゲン」の分泌が増えたり、過剰分泌がむくみや便秘の原因にもなる「プロゲステロン」の分泌が増えたりしています。

排卵期を過ぎるとエストロゲンの分泌が減少し、プロゲステロンの分泌量が増えることによって刺激から肌を守る「抗菌ペプチド」が減少してしまいます。

生理中はニキビがよくできたり、肌荒れが起きたりするのは抗菌ペプチドの減少により肌のバリア機能が弱まっているからなのですね。

肌のバリア機能が弱まるため、外部からの刺激に敏感になり、普段は何も感じない程度でも生理中には痛みとして感じてしまう場合があるのです。

また、痛みが発生するだけでなく、火傷や肌のヒリヒリ感、赤みや色素沈着なども起きやすいといわれています。

脱毛の光線は強い刺激と大きな負担を与えることになるので、生理中の肌には向いていないことから脱毛施術は避けた方が良いと言われています。

脱毛の効果が弱まる可能性がある

2つ目の理由は、通常に比べて脱毛の効果が弱まる可能性があることがあげられます。

毛の成長にはホルモンバランスが深く関係していますが、生理中はホルモンバランスが乱れています。

毛周期には成長期・退行期・休止期という3つの時期があり、成長期に施術を受けることで脱毛の効果が発揮され、反対に退行期・休止期に施術を行っても脱毛の効果はないと言われています。

ホルモンバランスが乱れていると、毛周期に変化が起こり、通常の毛周期通りに毛が成長しない可能性が高くなります。

そのため、脱毛に適切な時期である成長期に施術が受けられず、脱毛の効果が弱まってしまう可能性が高いため、生理中の脱毛施術は避けた方が良いと言われているのです。

サロンの衛生上の管理

3つ目の理由はサロンの衛生上の管理の問題です。

特にVIOの脱毛では、脱毛の機材が経血に直接触れてしまう可能性があります。

脱毛機材だけでなく、VIO脱毛施術中に施術台やタオルに経血が付くと、そこから病気や感染症に繋がる可能性もあるのです。

脱毛サロン・クリニックはお客様の肌に直接触れる仕事のため、衛生面で厳しい管理を徹底しています。

病気や感染症が発生するリスクを最小限にするためにも、生理中の脱毛、特にVIOの脱毛については施術を受けられないことが多いのです。

生理中はVIOライン以外の脱毛も受けられない?

生理中

生理中のVIOの脱毛施術は受けられない脱毛サロン・クリニックが大半ですが、VIO以外の部位の脱毛に関しては各脱毛サロン・クリニックによって対応が異なります。

各脱毛サロン・クリニックの対応は下記まとめたので、参考にしてみてくださいね。

脱毛サロン
ミュゼ VIOの施術は禁止
それ以外の部位は健康状態が良く、痛み止めの薬を服用していなければ施術可能
tbc VIO以外の施術は可能
ジェイエステ VIO以外の施術は可能
キレイモ VIO・ヒップ以外の施術は可能
銀座カラー VIO・ヒップ以外の施術は可能
医療脱毛
アリシアクリニック VIO・ヒップの施術以外の施術は可能
湘南美容外科クリニック タンポンをつけていれば生理中でも施術可能
リゼクリニック VIO・ヒップの施術以外の施術は可能
レジーナクリニック VIO以外の施術は可能

脱毛施術日と生理が重なってしまった場合の対処法

対処法

脱毛施術日と生理が重なったしまった場合には、早めに脱毛サロン・クリニックに連絡し予約を変更するようにしましょう。

先程紹介した通り、VIO以外であれば施術できる脱毛サロン・クリニックも多いですが、肌の状態や毛周期を考慮すると生理中の施術は避けた方が脱毛の効果を最大限に感じることができます。

当日キャンセルの場合の対応は脱毛サロン・クリニックによって異なりますが、基本的にはキャンセル料が発生するか、施術回数は1回分消費されるなどのペナルティーが発生することがほとんどです。

各脱毛サロン・クリニックの予約変更の期限と、当日キャンセルのペナルティーは下記にまとめたので、参考にしてください。

脱毛サロン
ミュゼ 予約変更は前日の23時59分まで
当日キャンセル料は発生しないものの、解約時の返金対象外となる
tbc 予約前日の営業時間中に連絡をすればキャンセル料は発生しない
当日キャンセルはキャンセル料3000円発生
ジェイエステ 予約変更は3日前の営業時間内までに予約したサロンへの連絡が必要
当日キャンセルは施術回数1回分消化
ただし、当日の生理・体調不良の場合に限りペナルティーが免除される場合もある
キレイモ パックプランの予約変更は前日の23時59分まで(電話の場合は20時まで)
月額プランの予約変更は予約日の3日前まで
当日キャンセルは施術回数1回分消化
銀座カラー 予約変更は前日の23時59分まで(電話の場合は19時まで)
当日キャンセルは回数コースの場合は施術回数1回分消化、脱毛し放題コースの場合は8回目以内は施術回数1回分消化、9回目以降は2000円のキャンセル料
医療脱毛
アリシアクリニック 予約変更は前日の20時まで
当日キャンセルのペナルティーなし
湘南美容外科クリニック 予約変更は施術の2日前の23時まで
施術日前日以降のキャンセルはキャンセル料3000円
リゼクリニック 予約変更は予約時間の3時間前までに連絡
ただし、予約時間が10時~13時の場合は前日中に連絡が必要
予約変更の連絡がなかった場合は、施術回数1回消化となり、中途解約時の返金対象外になる
レジーナクリニック 予約変更は前日の20時まで
当日キャンセルは施術回数1回分消化

中には生理中ということを考慮してペナルティーが発生しない脱毛サロン・クリニックもありますが、再予約などの手間が発生することからも、日頃から自分の生理周期を把握しておくことが大切と言えるでしょう。

生理不順であっても60日以内で定期的に生理がきて、体調に問題ないならば、あまり心配する必要はないと言われています。

ただし、基礎体温が低音期と高温期に分かれず無排卵の疑いがあったり、3ヶ月以上生理不順が続いていたりする場合は将来的に妊娠し辛くなることや子宮体がんの発症率が上がるなどのリスクがあるため、婦人科で診察を受けることをオススメします。

また、不正出血の場合にも子宮内膜症や子宮筋腫などの病気の疑いもあるため、一度婦人科で診察を受ける方が良いでしょう。

脱毛にオススメの時期は「卵胞期」

これまで生理中に脱毛がオススメできない理由を紹介してきましたが反対に脱毛に適した時期はいつなのか気になりますよね。

脱毛にオススメなのは「卵胞期」と言われています。

生理中とは反対に卵胞期にはエストロゲンの分泌量が増え、周期の中で最も肌の水分量も多くなり肌のコンディションが良く、脱毛で使用する光線が肌に浸透しやすくなるため、最も適した時期と言われています。

脱毛の他にも、美肌効果やダイエット効果が期待できるのも卵胞期と言われていますね。

卵胞期を予測して施術の予約を取ることは難しいですが、生理周期を管理しておくことで卵胞期が把握しやすくなります。

できるだけ早く脱毛を実感するためにも、日頃から生理周期をしっかりと管理するようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回は生理中に脱毛施術が受けられない場合の理由と、生理中の脱毛への影響を調査してきました。

VIO以外であれば施術を行ってもらえる脱毛サロン・クリニックが多いですが、生理中は通常よりも肌バリア機能が弱まっているために施術時に痛みを感じやすく、ホルモンバランスの乱れから脱毛の効果を実感できなくなってしまう可能性が高くなることが分かりました。

脱毛施術の当日キャンセルは施術回数1回消化や、キャンセル料が発生してしまうことが多いので予約日と生理が重なってしまうことが判明したら、速やかに予約の変更を行うようにしましょう。

また、生理日と施術予約を重ねてしまわないために、脱毛に最適な卵胞期を把握するためにも、日頃から生理周期を管理するようにしましょう。

トップページへ戻る