銀座カラーのシェービングサービスを利用する時の注意点は?

銀座カラーのシェービングサービス

脱毛をする時、必要になるのが施術を受ける前の事前シェービングです。

全身などの広範囲や背中などの手が届きにくい部位は、自己処理が難しかったり剃り残しが発生しがちですよね。

銀座カラーにはそういった剃り残しや自己処理が難しい範囲をスタッフ側が剃ってくれるシェービングサービスがあります。

しかし、銀座カラーのシェービングサービスについて調べてみると、他の脱毛サロンとは少し違う注意点があることがわかりました。

そこで今回は銀座カラーのシェービングサービスの注意点をはじめ、料金などの詳しい内容について調べてみました!

これから銀座カラーでの脱毛を考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

銀座カラーのシェービングサービスを利用するときの注意点

シェービングサービスの注意点

銀座カラーでシェービングサービスを利用するための注意点についてまずはまとめてみました!

  • 脱毛当日は顔用電動シェーバーの持参が必須
  • シェービングサービスは料金プランによって内容が異なる

銀座カラーの脱毛当日は顔用電動シェーバーの持参が必須

銀座カラーでは脱毛サロンの中では珍しく、電動シェーバーの持ち込みが必要です。

電動シェーバーを持参し忘れるとシェービングサービスを受けることができなくなるので注意してください。

また、カミソリや身体用のシェーバーを持参した場合もシェービングサービスを利用することができないので注意が必要です。

銀座カラーで脱毛をする場合は、あらかじめ家電量販店やネットで「顔用シェーバー」を購入しておきましょう。

吹き出しうさぎウインク

銀座カラーの店舗でも顔用の電動シェーバーを購入することができるよ。ただ、料金は3,300円と少し割高。
ネットや家電量販店で購入したら2,000円程で手に入るから、先にゲットしておくことをおすすめするよ。

シェービングサービスは料金プランによって内容が異なる

銀座カラーの脱毛プランには現在、『スピード脱毛コース』と『リーズナブル脱毛コース』という2種類の料金プランがあります。

この2種類の料金プランのどちらを選ぶかでシェービングサービスの内容が変わるので注意が必要です。

それぞれのプランの違いは以下の通りです。

銀座カラーの料金プランの違い
プラン名リーズナブル脱毛スピード脱毛
剃り残しの
シェービングサービス
なしあり※無料
背面の
シェービングサービス※1
あり※1回3,000円あり※無料
新・全身脱毛の料金197,650円295,000円
1年間に通える
最大回数
6回8回

※1:襟足・背中・腰・お尻・Oライン

銀座カラーの料金プランについて詳しくはコチラ

吹き出しうさぎ困り顔

シェービングサービスだけで見るとリーズナブル脱毛コースは剃り残しの対応がなくて背面のシェービングサービスも有料になっててちょっと残念かも。
スピード脱毛コースの方は剃り残しも背面のシェービングも全部無料だからありがたいね。

吹き出しうさぎウインク

ただ、料金を見てみて。リーズナブル脱毛コースとスピード脱毛コースでは脱毛プランの料金が10万円近く変わってくるよ。
1回3,000円毎回支払うのは損に感じるかもしれないけど、料金で見ると2つのプランの差額はシェービング代約32回分に相当するよ。

吹き出しうさぎ指さし

ほんとだ!それなら手が届く範囲は自分で頑張って自己処理して、手が届かない部分はシェービング代を支払ってサロンスタッフの人にお願いするほうがよさそうだね。

事前シェービングで剃り残しをなくすコツは?

剃り残しをなくすコツ
前の項目でもお伝えしましたが、スペシャル価格で脱毛の契約をした場合剃り残しのシェービングサービスはありません。

せっかく脱毛に通うのであれば、剃り残しがあって施術が受けられなくなってしまっては勿体ないですよね。

そこでこの項目では事前シェービングで剃り残しをなくすためのコツについてお伝えしていきます!

脱毛施術の1~2日前に自己処理を行う

事前シェービングのタイミングは脱毛当日から1~2日前に行うのがおすすめです。

銀座カラーは剃り残しに厳しく、剃り残しや剃り忘れがある範囲は基本的に避けて脱毛を行います。

3日以上前を推奨する脱毛サロンもありますが、ムダ毛が伸びるのが早い人の場合、3日前だとムダ毛が伸びてしまい剃り残しと判断されてしまうことがあります。

また、当日に慌てて処理をすると肌が敏感になってダメージを負いやすくなるだけでなく剃り残しのリスクも多くなるため、2日前に1度シェービングを行い、前日に剃り残しがないかチェックするのがおすすめです。

吹き出しうさぎ指さし

剃る時はゆっくり時間をかけて剃るのがおすすめ。素早く剃ると剃り残しが発生しやすくなるよ。

剃り残しやすい部位は念入りにチェックする

全身の中でも特に剃り残しが発生しやすい部位は以下の通りです。

剃り残しが多い部位
あごの下や首との境目
二の腕薄く生えている内側部分など
太もも意外と範囲が広く、裏側は剃り残しが多くなりがち
谷間・胸の下薄い毛が多く剃りにくい

基本的にムダ毛が薄いところほど見逃しがちになります。
お風呂場などで剃る場合は自己処理が完了した後、明るい部屋でもう一度チェックするのを忘れないようにしましょう。

吹き出しうさぎウインク

自分の目で確認しにくい範囲は角度を変えたり鏡を使ってチェックしてね!

銀座カラーのシェービングサービスについてのQ&A

Q&A
銀座カラーのシェービングサービスについて、気になる情報をまとめてみました!

銀座カラーの脱毛当日に電動シェーバーを忘れたらどうなる?

銀座カラーで脱毛する時に電動シェーバーを忘れた場合、剃り残し部分やシェービングサービスの対応部位(背中など)は避けて脱毛することになります。

ただし数日後に予約が取れた場合は脱毛してもらうことが可能ですので、万が一電動シェーバーを忘れてしまった場合は銀座カラーのスタッフに相談するようにしましょう。

脱毛できなかった部位は1回分の消化となります。

吹き出しうさぎ困り顔

せっかくのシェービング対象範囲もシェーバーを忘れたら対応してもらえないし、脱毛施術も受けられないってなるとかなり勿体ないよ。
夏などの繁忙期なんかは近い日付での予約が取れにくいから特に注意!電動シェーバーは忘れずに持っていこう。

銀座カラーへ持ち込むのにおすすめの電動シェーバーは?

銀座カラーへ持ち込める電動シェーバーは顔用のものに限られていますが、その中でも持ち込みにおすすめするのは「Panasonicのフェリエ」です。

銀座カラーの店頭で販売されているのもこの電気シェーバーですが、店頭で購入すると3,300円と少し割高なので家電量販店やネットでの購入をおすすめします。

ただひとつ、気を付けなくてはいけないのが「フェリエ」シリーズはボディ用のシェーバーもあるということ。

銀座カラーで利用できるのは顔用シェーバーのみですので、購入の時は気を付けて下さいね。

吹き出しうさぎ指さし

Panasonicのフェリエはせっけんやローションなしで剃れるし、深剃りしないようにガードがあるから剃った後も肌に負担がかかりにくくなってるよ。
顔と体、同じシェーバーを使うのがちょっと嫌だ…という人は2本購入して使い分けるのがおすすめだよ。

銀座カラーで脱毛する時は顔用シェーバーを忘れずに!

銀座カラーのシェービングサービス

銀座カラーのシェービングサービスについてまとめると以下の通りです。

  • シェービングサービスを利用するには脱毛当日シェーバーの持参が必須
  • リーズナブル脱毛コースの場合はシェービングサービスが有料
  • スピード脱毛コースはシェービングサービスが無料
  • 事前シェービングは1~2日前に行う
  • 剃り残しやすい部位は明るい場所で念入りにチェック
  • おすすめの電動シェーバーはPanasonicのフェリエ

銀座カラーのシェービングサービスは他の脱毛サロンと比べると少し特殊で、個人の電動シェーバーを持ち込む必要があります。

電動シェーバーで使いやすく、おすすめなのは「Panasonicのフェリエ」です。

また電動シェーバーは顔用のものに限定されているので、ボディ用と間違えないように購入時は気を付けましょう。

銀座カラーには「リーズナブル脱毛コース」と「スピード脱毛コース」という2種類の料金プランがありますが、シェービングサービスの対応がそれぞれ異なります。

無料でシェービングサービスを受けられるのはスピード脱毛コースですが、全身脱毛の場合、料金が10万円近く高くなるので、おすすめはリーズナブル脱毛コースです。

剃り残しがあるとその部位の脱毛ができないので、事前シェービングでは明るい場所で剃り残しが無いかを念入りにチェックするようにしましょう。

銀座カラーでは現在、脱毛し放題の全身脱毛が月額6,500円から始められるようになっています。

全身脱毛以外にも脱毛し放題のプランが豊富になっていますので、気になる人はまず無料カウンセリングを受けてみて下さいね。

トップページへ戻る