脱毛ラボの予約変更・キャンセル方法!キャンセル料やペナルティはある?

手帳_スマホ

脱毛に通っていると、脱毛の日にどうしても外せない予定や体調不良などで、予約変更やキャンセルをしないといけない事がありますよね。

今回、この記事では脱毛ラボに通っている際に、予約変更・キャンセルをしなければならなくなった時の方法やキャンセル料やペナルティについて調べてみました。

これから脱毛ラボを契約しようか悩んでいる人や、すでに脱毛ラボに通っている人は要チェックです!

脱毛ラボの予約変更・キャンセル方法は3つ

脱毛ラボの予約変更・キャンセル方法は3つあります。

  1. 脱毛ラボの店舗orコールセンターに電話
  2. 脱毛ラボの店舗に行き直接スタッフに伝える
  3. 脱毛ラボのLINEに連絡

【電話】スムーズに対応できるから安心

電話

予約変更・キャンセル方法の一つ目は、「電話」です。
予約を入れた店舗または脱毛ラボのコールセンター窓口で予約変更・キャンセルが出来ます。

電話の際に注意する点は、営業時間・電話を受付している時間帯内に連絡をすることです。
24時間対応をしていないので、連絡する時間に気を付けるようにしましょう。

脱毛ラボ電話受付時間帯
変更方法受付時間
店舗へ電話10:00~21:30
脱毛ラボコールセンター窓口10:00~21:30

電話では、以下の内容を聞かれるので、メモっておくとスムーズに対応が出来ます!

・名前、会員番号
・予約日、時間
・予約した店舗(コールセンターの場合)

【店舗に行く】近くに店舗がある人にオススメ

営業中_看板

2つ目の方法は「店舗」に行き、直接スタッフに予約変更・キャンセルを伝える方法です。

しかし、この方法は近くに通っている店舗があればいいですが、少々めんどくさいので電話で対応できる人は、電話がオススメです。

店舗へ直接行く場合は、臨時休業や営業時間外とかぶらないように公式サイトなどで営業時間を確認してから行きましょう。

【LINE】気軽に出来るからカンタン

メッセージアプリ

予約変更・キャンセル方法の3つ目は、「LINE」です。

脱毛ラボは公式のLINEアカウントがあるので、無料カウンセリング後に、お友達に登録しておけば、予約変更・キャンセルをすることが出来ます。

電話が苦手な人でも、LINEを送信するだけで簡単に連絡が取れるのでとても簡単です。また、空いている日もチェックすることが出来るので脱毛ラボを友達登録すると便利ですよ。

気軽すぎるため、何度も変更やキャンセルをしないようにスケジュールをしっかり組んで連絡をするようにしましょう!

脱毛ラボは予約変更・キャンセルのタイミングに注意

時計

脱毛ラボでは、予約変更・キャンセルのタイミングによって損をしてしまうので、注意しましょう。

予約変更・キャンセルの損をしないタイミングは?

脱毛ラボは予約変更・キャンセルをするタイミングによって、キャンセル料やペナルティが発生してしまうので注意して下さい。

脱毛ラボのキャンセル料・ペナルティについて
キャンセル日前々日20時まで前日当日・無断
キャンセル料キャンセル料なしキャンセル料1,000円キャンセル料なし
プラン回数消化回数消化なし回数消化なし1回消化

参照元:脱毛ラボ公式サイト

脱毛ラボの公式サイトを見ると、前々日の20時まではキャンセル料やペナルティの回数消化はありません。
しかし、前日のキャンセルは、キャンセル料が1,000円発生します。

また、当日キャンセル・無断で脱毛の施術に行かなかった場合は、脱毛プランの1回分を消化してしまうので注意して下さい。

全身脱毛プランを契約した人であれば、その日の全身脱毛1回分の施術が消化になります。
料金を支払っているのに、ペナルティを受けると損をするので前もって連絡をするようにしましょう。

もし遅刻をしそうになったら…どうする!?

施術の予約時間に間に合わなさそうな場合は、早めに店舗に連絡をして下さい。

お店に連絡を入れておくとスタッフも事情を把握でき、すぐに無断キャンセル扱いになることはありません。数分の遅刻でも連絡は忘れずに行いましょう。

しかし10分以上の遅刻は、当日キャンセルで1回分の消化になります。脱毛の施術当日は時間に余裕を持って行くようにして下さいね。

脱毛ラボで損をしない!予約変更・キャンセルを防ぐポイント

脱毛ラボで損をしないためのポイントについて紹介していきます。

生理周期を把握しておく

ハート

女性の予約変更・キャンセルの理由の一つとして、「生理」が挙げられます。

生理による予約変更やキャンセルを防ぐためには、ある程度生理周期は把握しておくことは大切です。手帳やアプリなどで管理しておき、脱毛の予約を入れる日の目安を立てましょう。

生理の周期が安定している人でも、1~3日のズレが発生することもあります。
生理予定の前後1~3日は念のため予約を入れないようにしておくと、少し日がずれた時でも安心です。

また、通っている人の中には、まだ生理周期が安定していない人や生活習慣の乱れやストレスなどで生理が乱れることが多い人もいるかもしれません。
生理の安定しない人は、ギリギリまで予約を入れずに、生理が終わった後に店舗に連絡し予約を入れるといいでしょう。

脱毛当日は時間に余裕を持って行く

時計

脱毛ラボでは、交通機関の遅延などで10分以上の遅刻・予約変更やキャンセルをした場合でも、ペナルティが発生します。

そのため、バスや電車を利用している人はギリギリ店舗に着くようにしていると、遅延が発生した際ペナルティが発生してしまうので注意しましょう。

「自分のせいでなはないけど…」と思うかもしれませんが、脱毛ラボでは公式サイトにも記載されており少々時間には厳しいので、余裕を持って遅刻をしないようにしておくことが大切です。

また急な体調不良でもキャンセル料・ペナルティが発生してしまうため、体調を万全にして脱毛に備えましょう!調子が悪いな…と思ったら早めに連絡をするようにして下さい。

予約日を手帳やカレンダーに書く

女性_手帳

脱毛の予約を入れた日は、必ず手帳やカレンダーに予定を書いておきましょう。

覚えているつもりでも、「時間帯を間違っていた」「明日と思っていたのに今日だった」など勘違いをしてしまうこともあります。

脱毛ラボでは、予約した日をコールセンター窓口で確認することが出来るので、手帳に書き込み忘れた人はすぐに電話で確認しておきましょう!

また、予約した日を書いておくと前回の施術日も把握することが出来るので、理想の期間で毛周期に合わせた施術を行うことが出来ますよ。

脱毛ラボの予約変更・キャンセルは前々日の20時までに行おう!

時計_手帳

今回の脱毛ラボの予約変更・キャンセルの記事についてまとめていきます。

  • 脱毛ラボの予約変更・キャンセル方法は「電話」「店舗に行く」「LINE」で出来る
  • 脱毛ラボで予約変更・キャンセルする際は前々日の20時まで!
  • 予約変更・キャンセルは前々日の20時を過ぎるとキャンセル料、ペナルティが発生する
  • 脱毛ラボの施術当日に遅刻しそうな場合は、すぐにスタッフに連絡をしよう
  • 脱毛ラボは10分以上の遅刻はキャンセル扱いになり1回分消化するので注意

脱毛ラボの予約変更・キャンセル方法には「電話」「店舗に行く」「LINE」の3つの方法があります!

予約変更・キャンセルは、前々日の20時までに連絡をして下さい。20時を過ぎると、キャンセル料やペナルティが発生してしまうため注意が必要です。

やむを得ない理由での変更は仕方ないですが変更・キャンセルで損をしないために、スケジュールをしっかり立てて脱毛の予約を入れるようにしましょう。

脱毛ラボは比較的予約も取りやすく通いやすいのでオススメですよ。
これから通う人で、他にもいろいろ知りたい…!という人は、無料カウンセリングでスタッフに相談してみて下さい♪

トップページへ戻る