埋没毛(埋もれ毛)の対処法とは?原因・治し方・予防方法まとめ

埋没毛

ムダ毛処理をしていると、時々見かける埋没毛(埋もれ毛)

脚やワキなどにできると意外と目立つので「どうにかしたい!」と考えている人も多いはず。

実は埋没毛は、見た目が悪いだけでなく、悪化すると大きく腫れたり赤くなるなどの症状が出てしまうこともあるんです。

そこで今回は埋没毛ができてしまう原因から治し方、予防方法についてまで埋没毛に関する気になる情報をまとめてみました!

埋没毛(埋もれ毛)とは

埋没毛の原因は?

埋没毛とは、埋もれ毛とも呼ばれており皮膚表面に出てくるはずの毛が皮膚の中で成長している状態のことです。

何らかの原因で毛穴が塞がれた状態となってしまうと、毛は肌の表面に伸びることができず皮膚の中に留まったまま伸びてしまうことになります。

皮膚に透けてうっすらと黒い毛が見えるのですが、表面に生えているわけではないためカミソリなどでの処理ができない状態にあります。

埋没毛(埋もれ毛)ができる原因

埋没毛

参照元kenasiii.com

埋没毛の原因の9割は自己処理によるものだと言われています。

カミソリや毛抜きでの自己処理は手軽に行えるという利点がありますが、頻繁に行ったり適切な処理方法で行わないと皮膚や毛穴にダメージを与えてしまいます。

皮膚や毛穴にダメージが与えられると肌表面に角質ができるなどして毛穴を塞ぎ、埋没毛ができてしまいます。

また、皮膚の乾燥も埋没毛が起こる原因の一つです。

皮膚が乾燥すると、肌表面の角質が固くなってしまい、毛穴を塞いでしまうことがあります。

埋没毛ができる主な理由は以下の通りです。

  • 自己処理の頻度が高い(3日に1回以上)
  • 毛抜きやワックスなどの『抜く』自己処理をしている
  • 同じカミソリ・シェーバーを1ヶ月以上使っている
  • 逆剃り・深剃りをしている
  • 1回の自己処理で同じ箇所を繰り返して剃っている
  • 皮膚の乾燥

吹き出しうさぎ困り顔

自己処理を繰り返すことも肌の乾燥の元になっているよ。
「ムダ毛が伸びるのが早いから毎日剃っている」という人は要注意だね!

埋没毛(埋もれ毛)ができやすい部位

埋没毛ができやすいのは皮膚が柔らかくて毛が濃く太い部分です。

身体の中の部位で言えば皮膚が柔らかい顔(男性のヒゲなど)・ワキ・デリケートゾーン(VIO)・脚などが当てはまります。

柔らかい皮膚にあるムダ毛の自己処理を繰り返すことで、細かい傷が肌表面にできます。

そんな傷から肌表面を守ろうと皮膚は固く角質化してしまい、結果毛穴が塞がれて埋没毛ができるという仕組みです。

また、自己処理の頻度が高くなってしまったり毛抜きなどの『抜く』自己処理を繰り返すことで、そのほかの部位でも埋没毛ができやすくなります。

埋没毛(埋もれ毛)を治す方法3つ

埋没毛の治し方

一度できてしまった埋没毛を治すにはどうしたらいいのでしょうか。

過去に埋没毛で悩んだ人の中には毛抜きなどを使って自分で皮膚から埋没毛を抜いた経験がある人もいるかもしれませんが、実はその処理方法は間違いです。

埋没毛を無理矢理毛穴から出してしまうと、再び埋没毛になってしまったり、色素沈着やニキビ、ひどくなると毛嚢炎になってしまうこともあります。

吹き出しうさぎウインク

実は埋没毛は治療なしでも完治できるよ。
時間が経てば肌のターンオーバーによって古い皮膚と共に皮膚の表面に押し出されるから、これと言った治療は必要ないんだ。

吹き出しうさぎ指さし

ただ、少しでも早く埋没毛を治したい!という人もいるよね。
そんな人の為におすすめの方法を3つ紹介するよ!

保湿することで角質を柔らかくする

保湿クリーム

埋没毛の原因は毛穴の部分に皮膚の角質が固まっていることにあります。

つまり、皮膚を保湿することによって固まった角質が柔らかくなれば、皮膚の下に留まっている毛が皮膚の表面に出やすくなるということです。

保湿アイテムの中でも尿素の含まれたクリームがおすすめ。

尿素には角質を柔らかくする作用があり、埋没毛の元になっている毛穴の周辺の角質も柔らかくしてくれます。

ただ、尿素系クリームを元々肌が柔らかい部位に塗ってしまうと角質化していない部分まで柔らかくしてしまい、肌のバリア機能がなくなってしまうこともあります。

尿素系以外のクリームで保湿するのは問題ありませんが、尿素系クリームを使用する場合のみ埋没毛が気になる箇所をピンポイントで塗るようにしましょう。

スクラブやピーリングで肌のターンオーバーを促す

スクラブ

埋没毛を自然治癒させる場合、肌のターンオーバーがカギになりますが、スクラブやピーリングを利用して古い角質を除去すればターンオーバーの周期を整えて肌を柔らかくすることができます。

スクラブは細かい粒子によって古い角質を取り除き、ピーリングは弱い酸で古い角質を溶かしてくれます。

どちらも頻繁に行うと肌が弱ってしまうため、1週間に最大2回を目安に行うと良いでしょう。

また、スクラブやピーリングを行った後は肌が乾燥しやすい状態にあるためしっかり保湿をしておくことも大切です。

皮膚科を受診する

病院

埋没毛を病院で治療する場合、基本的には様子観察となります。

ただ、埋没毛の部分が腫れていたり しこりになっている・毛嚢炎になっているなどの場合は治療が必要になります。

放置してしまうと悪化して炎症が酷くなってしまったり毛穴に膿が溜まるなどのリスクが高くなります。

基本は保湿を中心に肌のターンオーバーを促すことが大切ですが、痛みや腫れが気になる場合はなるべく早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

埋没毛(埋もれ毛)を予防する方法は?

予防する方法は?

埋没毛はできてから治そうと思うと少し厄介。

肌のターンオーバーは28日と言われていますので、完治するまでに多少時間がかかってしまいます。

だからこそ、埋没毛はできてしまう前に予防しておくことが大切です。

埋没毛の予防には主に以下の4つの方法があります。

  • 自己処理の方法を見直す
  • 脱毛サロンや医療脱毛で脱毛する
  • 生活習慣を改善する

埋没毛を予防する方法①自己処理の方法を見直す

埋没毛の原因の9割は自己処理によるもの。

だからこそ自己処理の方法を見直すことによって埋没毛をあらかじめ防ぐことができます。

埋没毛を防ぐ自己処理の方法としてのポイントは以下の通り。

  • 毛抜きなどの『抜く』自己処理をしない
  • 自己処理の頻度は3日以上空ける
  • 電気シェーバーを使用する
  • 自己処理の後にはしっかり保湿する

埋没毛を予防する方法②脱毛サロンや医療脱毛で脱毛する

自己処理の頻度を減らそうにも「すぐに生えてくるから毎日剃らないと無理!」という人もいますよね。

そんな人には脱毛サロンや医療脱毛での脱毛がおすすめ。

脱毛は回数を重ねて通うことで毛がだんだんと薄くなるため、自己処理の回数も減らすことが可能です。

脱毛サロンでは約12回、医療脱毛であれば約5回程度で自己処理が楽になります。

脱毛が完了すれば自己処理が不要になるばかりか、ムダ毛自体が生えなくなるので埋没毛が起こる心配もなくなります。

口コミで人気の脱毛サロン・医療脱毛で埋没毛を予防する!

埋没毛を予防する方法③生活習慣を改善する

埋没毛ができやすいかどうかは、実は生活習慣にも関わりがあります。

生活習慣が乱れてしまうと肌のターンオーバーは乱れてしまい、古い角質が溜まって毛穴をふさぐ原因の一つとなってしまうからです。

生活習慣を改善するためには、1日の睡眠(特に午後10時~午前2時の間)をしっかりとる、ストレスを溜めない、栄養のある食事をとる……と言ったことができます。

他にも紫外線対策や肌の保湿をしっかり行うことも大切です。

埋没毛(埋もれ毛)はできる前に予防することが大切!

埋没毛を予防する

今回の記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 埋没毛は皮膚の中で成長してしまった毛のこと
  • 埋没毛の原因はほとんどが自己処理によるもの
  • 埋没毛は皮膚が柔らかく毛が濃い部分にできやすい
  • 埋没毛を治すには保湿やスクラブなどで肌のターンオーバーを促す方法がある
  • 腫れやしこりなどがある場合は皮膚科を受診する
  • 埋没毛を予防するには自己処理の方法を見直して頻度を減らすことが大切
  • 自己処理の頻度を減らせない場合は脱毛がおすすめ
  • 肌のターンオーバーには生活習慣も関わっているので生活改善も予防になる

埋没毛は皮膚の下に毛が埋もれてしまっているだけの状態と侮っていると、毛嚢炎や色素沈着など見た目にもお肌にもよくない状態に発展してしまうことがあります。

今回ご紹介した予防方法を参考に、まずは埋没毛ができにくい肌を目指してみて下さいね。

トップページへ戻る