光脱毛(フラッシュ脱毛)とは

光脱毛(フラッシュ脱毛)とは、特定の波長の強い光を皮膚に照射すること毛根にある毛細胞に直接働きかける脱毛方法であり、主にエステサロンや脱毛サロンで行われるのがこの脱毛方法です。

このページでは光脱毛とレーザー脱毛の違いを踏まえながら、光脱毛をお勧めする人とお勧めしない人についてお伝えしていきます!

光脱毛は永久脱毛?

まず結論を申し上げると、光脱毛は永久脱毛ではありません。

永久脱毛の定義について、1958年にアメリカのFDA(アメリカ合衆国食品医薬品局)が発表した内容は以下の通りです。

  1. 毛包内のメラニンの選択的標的化を通じて、安定して、長期的または永続的に毛の削減を達成すること
  2. 永続的な毛の減少は、いくつかのセッションを含めた治療計画後に再成長している毛の数の、長期的な安定した減少として定義されます
  3. 永続的な減少であり、永久的な除去ではない

参照元https://medley.life/

つまり、永久脱毛とは脱毛をすることによって長期間ムダ毛が減少することであり、永久的に毛がなくなるわけではありません。
ではなぜ光脱毛は永久脱毛と言えないのかというと、毛が生えてくる元の部分になっている毛乳頭を破壊する行為は、厚生労働省によって医療行為と定義されています。
ですので、現在永久脱毛と言い切れるのは「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の2種類だけになっているからです。

とはいえ、光脱毛にまったく効果がないわけではありません。
永久脱毛可能なクリニックでの脱毛方法に比べて毛が薄くなるために長いサイクルが必要ですが、ムダ毛自体は減っていくので痛みが少ない脱毛方法がいいという人にはお勧めの脱毛方法です。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛レーザー脱毛
料金安価で受けられるサロンもある料金が高い
脱毛効果脱毛効果はあるが、抑毛・減毛まで永久脱毛が可能
痛みレーザー脱毛に比べて痛みは少ない光脱毛に比べて痛みが強い
施術者医療資格がなくても施術可能医療資格者しか施術できない
効果を実感する回数平均12回程度平均5~6回程度
毛根(毛乳頭)へのアプローチ活動期の毛根に働きかけて抑毛を促すが破壊はしない活動期の毛根(毛乳頭)を破壊する
対応できる場所が多いかどうか全国的に様々なサロンが存在する対応しているクリニックが都市部には多いが郊外には少ない

前の項目でもお話ししましたが、光脱毛は永久脱毛ではありません。
光の出力を抑えている為、脱毛効果を実感するのにはレーザー脱毛よりも遅めになります。

ただ、その分レーザー脱毛よりも痛みは少なく料金も安め、脱毛サロン自体が全国各地にたくさん存在することから気軽に脱毛を始めることが可能という利点があります。

それぞれにメリットデメリットがあるので、自分にあった脱毛法を選ぶと良いでしょう。

光脱毛の種類

光脱毛の中にも実はいくつかの種類があります。
光を当てるという点では同じですが、光の種類やアプローチする部分が少々異なります。

脱毛方法採用している主なサロン
SSC脱毛抑毛効果のあるジェルを使用して、ジェルとライトの相乗効果で制毛処理をする。ミュゼ・脱毛ラボなど
IPL脱毛美肌効果のある光を使って毛のメラニン色素に働きかけて毛根を弱らせる脱毛方法銀座カラー・キレイモなど
SHR脱毛毛が生えるように信号を出すバルジ領域と呼ばれる箇所に光でダメージを与えて毛が生やす指令を止める脱毛方法。ストラッシュ・ラココなど

SSC脱毛とIPL脱毛の共通点は、どちらとも毛細胞部分(毛根に当たる、毛が生えてくるための細胞)に働きかけるということです。
照射を繰り返すことで毛細胞が少しずつ弱くなり、次第に毛が細く薄くなっていきます。
この二つの脱毛方法のデメリットは毛の周期が休止期(毛細胞とムダ毛自体が繋がっている状態)では効果がないということ。
毛の周期は【成長期・退行期・休止期】と3つの期間を繰り返しており、毛によって周期が異なるため、数回照射してやっとすべての毛に効果が行き届きます。

一方SHR脱毛は最近新しく開発された脱毛法で、バルジ領域という毛が生えるのを助ける領域に毛周期に関係なく働きかけることができるため、効果が出るのが早いと言われています。
まだまだ新しい脱毛方法ですので口コミが少なく効果について調べにくいことがデメリットですが、毛の周期などを考えず始めからすべての毛に働きかけられるのはかなり大きいですね。

ちなみに、IPL脱毛のライトはフォトフェイシャルにも使われるライトの種類であり、美白効果や美肌効果
があると言われています。
キレイモなどの一部サロンによっては顔脱毛をフォトフェイシャルに切り替えることが可能だったりと、脱毛をしながら美肌も目指したい人にはおすすめの脱毛法です。

光脱毛を受ける前後の注意

光脱毛の施術前の注意
  • 日焼けしない
  • 自己処理時に毛抜きなどで毛を抜かない
  • 肌を保湿しておく
  • 当日は消臭スプレーなどの制汗剤を使わない
  • 施術部位をあらかじめシェービングしておく
  • 通院中、薬を内服中は不可

基本的に脱毛前に肌へダメージを与える行為はしないように注意しましょう。
施術前に自己処理をする際は、カミソリよりも肌を傷つけにくい電気シェーバーがオススメです。
反対に、毛抜きや除毛剤での自己処理は肌を傷つけたり脱毛効果を下げてしまう原因になりますのでお勧めしません。

光脱毛の施術後の注意
  • 当日お手入れ後に激しい運動や発汗を促す行為をしない
  • 当日の入浴は避ける
  • 乾燥しやすくなるため保湿する
  • 2、3日~1週間程度は自己処理を控える
  • 痛みが生じたら冷やす

脱毛後の肌はとてもデリケートな状態です。
皮膚の奥(毛穴)にダメージをすでに与えた状態になりますので、熱や刺激に敏感な状態ですので激しい運動や発汗を促す行為(サウナなど)、当日の入浴は避けましょう。
基本的に湯船につかることは厳禁でシャワーは可能ですので、詳しい注意に関しては各サロンの説明をよく確認しておきましょう。

特に、毛周期を乱したり肌や毛穴に刺激を与えないためにも絶対に毛抜きで毛を抜かないでくださいね。

光脱毛をお勧めする人・お勧めしない人

  • できるだけ肌の痛みや負荷を抑えて脱毛したい人
  • リーズナブルな価格で脱毛したい人
  • 脱毛しながら美肌効果も期待したい人
  • 空いた時間などに気軽に脱毛したい人
  • 項効果重視で脱毛がしたい人
  • 痛みが強くても早く脱毛を終わらせたい人
  • ムダ毛が太くて濃い傾向にある人
  • 永久脱毛を目指したい人

光脱毛の良いところは、痛みが少なくリーズナブルな価格で脱毛を開始でき、店舗数も多くて一回の施術時間も短めとなっていることから、気軽に脱毛を始められるということでしょう。

反対に、短期間で効果を実感したい人や永久脱毛を目指したい人などにとっては向かない脱毛法と言えます。
またムダ毛が太くて濃い場合も、レーザー脱毛に比べて産毛レベルまで毛を細くするには時間がかかってしまう為あまりお勧めしません。

しかし、脱毛サロンでの光脱毛はクリニックに比べてキャンペーンや割引制度が豊富で、通い放題プランなども最近は増えてきました。

サロンの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛、ともにメリットデメリットはありますので、自分に合った脱毛法があるとは思いますが、脱毛初心者の方には光脱毛での脱毛から始めることをお勧めします。

トップページへ戻る