子どもの脱毛は何歳から出来る?安全なキッズ脱毛サロンの選び方

花と子ども

今や脱毛は、大人だけのものではありません。
近年では、子どもの毛のコンプレックスを解消するために、子ども向けのキッズ脱毛も増えてきています。

キッズ脱毛は、脱毛サロンによって施術が出来る年齢も違うため、子どもの年齢に合わせた脱毛サロンを選ぶ必要があります。

この記事では、

・子どもの脱毛は何歳から出来る?
・一番早く脱毛が出来る脱毛サロン
・キッズ脱毛をする際の注意点
・キッズ脱毛のある脱毛サロンの選び方のポイント

…など、子ども脱毛に関する気になる疑問について調べてみました。

子どもだって毛に悩んでいる!キッズ脱毛の需要は年々上昇

子ども脱毛の需要が高まっている理由やキッズ脱毛は何歳から可能なのかみていきましょう。

子どもの毛のコンプレックスをキッズ脱毛で解消

子どもの後ろ姿

子どもも成長し体の変化により、毛が濃くなって目立つようになってきます。
毛が他の子より濃い子だと、「自分って他の子より毛深い?」とコンプレックスを抱えてしまう子も多いです。

●子どものムダ毛が原因で起こるトラブル

  • 毛深いことで周りの人から指摘された
  • 不愉快なあだ名を付けられからかいの対象になっている
    (いじめに発展してしまうケーズもある)
  • 自分でカミソリやハサミを使いムダ毛の処理を行うことでケガをする
  • 肌の弱い子どもは、ムダ毛の自己処理で肌荒れの原因になる

上記のような理由もあり、子どものムダ毛に対するコンプレックスを解消してあげたいと、親が子どもを脱毛サロンに通わせるケースも多く、キッズ脱毛をする子どもが増えてきています。

また、最近ではSNSがどんどんと普及していることもあり、美容に関する情報や広告が子どもにも届きやすくなりました。
そのため、美容に対する意識も早いうちから高まり、ムダ毛を無くしてあの芸能人のようにツルツルの肌になりたいという子どもが多くなっているのも、キッズ脱毛の需要が高まっている理由の一つです。

子ども向けキッズ脱毛は何歳から出来る?

キッズ脱毛が可能な脱毛サロンと脱毛が可能な年齢をみていきましょう。

 

子ども向けキッズ脱毛可能な脱毛サロン
店舗名脱毛が可能な年齢
脱毛ラボ年齢制限なし
ディオーネ3歳から
エピレ7歳から

子ども向けキッズ脱毛が可能な店舗は”脱毛ラボ” ”ディオーネ” ”エピレ” の3店舗です。

毛のコンプレックスを抱え始める子が多い小学校高学年~中学生の子は、どちらの店舗も対象の年齢に入っているので、カウンセリングを受けて比較してみるのもオススメです。

ディオーネでは3歳から施術が出来、脱毛ラボでは年齢制限がありません。しかし、3歳未満の乳幼児の脱毛はカウンセリングでスタッフに相談しましょう。

子ども向けキッズ脱毛をする際の注意点

脱毛サロンでは子どものキッズ脱毛が増えていますが、ここで脱毛をする際の注意点についてみていきましょう。

外で遊ぶことが多い子どもは日焼けに注意する

水着の子ども

脱毛前はよく「日焼けをしないように注意して下さい」と言われることがあります。これは、子ども向けのキッズ脱毛でも同じです。

特に、子どもは学校の授業で屋外に出ることや、外で遊ぶことも多く日焼けをしやすい環境にいます。
日焼けをすると脱毛が受けられない可能性があるため、注意が必要です。

また、脱毛後も肌がダメージを受けやすい状態になっているので、日焼けをしないように帽子を被ったり日焼け止めを塗って日焼け対策をしっかり行ってください。

キッズ脱毛を始める前は、学校の休みに合わせた週末や長期の休みに予約を取るといいでしょう。

子どもはホルモンバランスが不安定

寝転ぶ子ども

成長段階の子どもはホルモンバランスが安定していないため、脱毛の効果が出にくい場合があります。

大人はホルモンバランスも安定しているので、毛周期のサイクルもある程度決まってきますが、ホルモンバランスが安定していない子どもは、ホルモンバランス同様に毛周期も安定していません。
そのため、脱毛の施術をしても急に毛が生えてきたり、増えたりすることもあるので、脱毛完了までに金額や期間がかかってしまう場合があります。

脱毛を効率よく行いたい場合は、ホルモンバランス・毛周期が安定するまで成長を待ち、施術を行うのもオススメです。

キッズ脱毛前のムダ毛の自己処理に気を付ける

親子の手

キッズ脱毛の施術をする前はムダ毛の自己処理で、肌を傷つけないように注意して下さい。

ムダ毛の自己処理の際に肌を傷つけてしまうと、痛みを感じやすくなったり、傷のある場所は脱毛の施術が出来ない場合があります。小さい子どものムダ毛処理をする場合は、親御さんも一緒に手伝ってあげるようにしましょう。

【子どものムダ毛処理方法】

①子どもの肌は傷つきやすいので、肌の摩擦を軽減するクリームを塗ります。
②毛の流れに沿って、電動カミソリやシェーバーでクリームを取るように優しく剃ってあげて下さい。
③ムダ毛処理後は、クリームを流し保湿効果の高いボディクリームで肌が乾燥しないようにしましょう。

キッズ脱毛をすると、自己処理の回数が減るので子どもの肌をキレイに保つことが出来ます。子どもの肌に刃を当てて処理するのは嫌だな…という人は、ぜひキッズ脱毛を検討してみて下さい。

子どもに安全なキッズ脱毛サロン選びのポイント

子どもに安全なキッズ脱毛サロンの選びのポイントについて紹介していきます。

丁寧なカウンセリングを行っている

二つの手

安全にキッズ脱毛するためには、施術前のカウンセリングはとても大切です。

特に、初めて脱毛の施術を行う子どもは”痛みの不安”を持っている子も多いため、しっかりカウンセリングを行い不安を解消してあげましょう。

実際に、脱毛の施術の痛みはどれぐらいか、保護者の人もテスト照射が出来る脱毛サロンもあります。
脱毛サロンのスタッフが「痛くないよ」と伝えるより、保護者の人が体験し痛みの感じ方を伝える方が子どもも安心です。

カウンセリングを丁寧に行ってくれる脱毛サロンで、子どもの不安を解消してから施術を行っていきましょう。

痛くない安全な脱毛機器を使用している

病院

大人であれば脱毛の施術をある程度我慢することが出来ますが、子どもの場合は痛みの少ない脱毛機器を使用している脱毛サロンを選ぶことが大切です。
なるべく肌に刺激の少ない脱毛機器を使用している脱毛サロンを選ぶようにしましょう。

エピレのキッズ脱毛では、子ども向けのオリジナルの脱毛マシンを開発しお肌に優しい脱毛を提供しています。痛みに弱い子どもでも刺激が少なく安心です。

ドクターサポートが付いている

医者

キッズ脱毛は施術が終わった後のサポートも重要です。しっかりサポート体制のある脱毛サロンを選んで下さい。

子ども向けキッズ脱毛が出来るディオーネでは、ドクターサポート保険と提携しているので安心して子どもの脱毛の施術を受けることが出来ます。

もしもの時に、適切な対応してもらうことが出来るので安全に脱毛の施術が出来ます。

子ども向け脱毛は脱毛ラボが一番早く出来る

帽子を被る子ども

この記事についてまとめていきます。

  • 脱毛ラボでは脱毛の年齢制限がない
  • 脱毛前後は日焼けに注意することが大切
  • 子どもはホルモンバランスが不安定なため効果が実感出来ない場合がある
  • 肌トラブルを防止するためにカウンセリングをしっかり行う
  • 脱毛サロンはドクターサポートがついているか確認する

子ども向けキッズ脱毛は、脱毛ラボが一番早く施術することが出来ます。子どものムダ毛のコンプレックスを早めに解消してあげたい人は、カウンセリングを受けてみて下さい。

キッズ脱毛の施術前は日焼けに注意し、安全に脱毛が出来るようにしておきましょう。
キッズ脱毛サロンの選び方を参考に、肌トラブルを回避するようにしてくださいね!

トップページへ戻る