脱毛前後に化粧水で保湿ケアをする時のポイントと注意点は?

脱毛期間中の化粧水

脱毛期間中のお肌は実はとても乾燥しやすいもの。

普段は顔しか保湿しない!という人でも脱毛期間中は脱毛する範囲の保湿ケアが大切になります。

ただ、「脱毛施術日にはお風呂に入ってはいけない」など、脱毛施術の前後にはいろいろな『注意事項』がありますよね。

そこで今回は、脱毛期間中に保湿ケアをする時に気を付けたいポイントと注意点について調べてみました!

脱毛前に化粧水を使用する時のポイントと注意点

脱毛前の化粧水の使い方は?

脱毛前は化粧水を使用してもOK?

脱毛をする前に化粧水で保湿をする時のポイントと注意点について調べてみたところ、以下の2点のポイントがあることが分かりました。

  • 脱毛前日まではいつもの化粧水でしっかりと保湿
  • 脱毛直前(当日)は化粧水を塗らない

脱毛前日まではいつもの化粧水などでしっかりと保湿

どの脱毛サロン・脱毛クリニックでも恐らく言われることですが、脱毛期間中は脱毛効果をしっかりと出すために脱毛部位を保湿して、肌を潤しておくことが大切です。

脱毛時に肌が乾燥していると以下のようなのリスクがあります。

  • 乾燥していると痛み・火傷・炎症などのリスクが高まる
  • 肌が乾燥していると脱毛機の出力を下げられてしまう
  • 乾燥が酷い場合は脱毛自体が受けられなくなる

脱毛前に十分保湿をしておけば肌の中の水分量が上がり、脱毛効果が均一に毛穴の奥まで到達してムラなく脱毛効果が出てくれるというメリットもあります。

普段は顔しか化粧水ケアなどを行わないという人も、脱毛期間中は脱毛部位をしっかりと保湿を行いましょう。

吹き出しうさぎウインク

脱毛期間中に限らず、普段から保湿をすることで『埋もれ毛』や『粉吹き』のような肌トラブルを避けられるよ。
乾燥は脱毛の大敵だから、脱毛期間中は特に保湿を念入りに行うようにしてね。

脱毛直前は脱毛部位に化粧水などの保湿ケアをしない

普段の保湿はしっかりと行ってほしいのですが、脱毛直前になる『脱毛前日の夜、脱毛当日の朝』などの脱毛直前の肌には化粧水などで保湿をしないようにしましょう。

理由は、化粧水やクリームの中にある油分や成分に脱毛の光が反応して、火傷などの肌トラブルを招いたり、脱毛時の効果が薄れしまったりすることがあるからです。

うっかり化粧水や保湿クリームを使用してしまった場合、脱毛サロンによってはウェットティッシュが備え付けられていてそれでふき取ることが可能なケースもありますが、基本的には脱毛サロンのスタッフに『使用してしまった』ということを正直に相談するようにしよう。

吹き出しうさぎ指さし

顔脱毛の場合は、脱毛施術時にメイクを落としてくれる脱毛サロンも中にはあるよ。
ただ、サロンによっては化粧落としをするのに追加料金が発生するところもあるから、脱毛サロンごとの注意事項を守ってね

脱毛後に化粧水を使用する時のポイントと注意点

脱毛後の化粧水の使用はどう?

脱毛の後に化粧水は使用してOK?

脱毛前の化粧水の使用についてお伝えしてきましたが、脱毛後の化粧水の使用についてはどうでしょうか。

脱毛後に化粧水を使用するときのポイントと注意点について調べてみました。

  • 脱毛後は当日から化粧水の使用が可能
  • ふき取り化粧水(ピーリング)は脱毛後2週間は使用を控える

脱毛後は当日から化粧水の使用が可能

脱毛直前は化粧水の使用ができませんでしたが、脱毛後は当日からの化粧水の使用が可能です。

ただし、肌がかなり敏感になっている状態なので刺激をできるだけ与えないように、いつも使用している使い慣れたものを使用するようにしましょう。

敏感になっている状態で初めての化粧水を使用すると、肌に合わない時の肌状態が通常よりも悪化することがあるため、脱毛直後は敢えて新しい化粧水を使用するのは控えて下さい。

吹き出しうさぎウインク

脱毛サロンによっては保湿ローションを売っているところもあるよ。ただ、少し割高なところが多いかな。
脱毛サロンで売っている保湿ローションは抑毛効果がある成分が入っているものもあるけど、普段とは違う化粧水を急に使うと肌に合わないこともあるから、普段から使用しているものを利用しようね。

ふき取り化粧水(ピーリング)は脱毛後2週間は使用を控える

肌に刺激を与えないようにする、という理由から肌表面に刺激が加わりやすいふき取り化粧水(ピーリング)の使用は避けるようにしましょう。

そもそもふき取り化粧水(ピーリング)は、保湿が目的ではありません。

肌の表面の古い角質を剥がして、肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常にするのが正しい使い方です。

脱毛後の肌は敏感で、特に乾燥しやすい状態。

脱毛当日から肌が落ち着く2週間後くらいまではピーリング系の化粧水の使用を控えるようにしましょう。

吹き出しうさぎ指さし

ピーリングに限らずスクラブ洗顔など、肌への摩擦や刺激があるものはしばらく避けてね!スクラブ洗顔の中には植物の種子や繊維・塩みたいな細かい粒子が含まれているからただでさえダメージを受けていた脱毛後の肌を傷つける恐れがあるよ。
リンパマッサージみたいな血行を良くするものも肌トラブルの原因になるから1週間ぐらいは控えておくのが無難だね。

脱毛後にオリジナル化粧水での保湿ケアがあるおすすめ脱毛サロン

おすすめの脱毛サロン

脱毛後の保湿ケアがおすすめの
脱毛サロンはどこ?

脱毛して一番肌が乾燥している状態にあるのが脱毛施術を受けた直後です。

そんな脱毛直後にも、しっかりと保湿してくれるおすすめの脱毛サロンを調べてみました!

【キレイモ】スリムアップとプレミアム美白の2種類のローション

kireimo_logo

全身脱毛パックプラン
6回 114,000円
フォトフェイシャル切替やシェービング無料などの特典あり☆
  • スリムアップorプレミアム美白から好きな保湿ケアを選べる
  • どちらのジェル化粧水も鎮静効果・保湿効果あり
  • スリムアップジェル化粧水は引き締め効果あり

キレイモの脱毛アフターケアは痩身か美白どちらかの効能を選べるのが大きな特徴。

どちらもジェルのようなローションでしっとりと脱毛施術部位を潤してくれます。

【la coco(ラココ)】12種類の植物エキスを配合!保湿鎮静ジェル使用

ラココロゴ

全身脱毛
回数 料金
5回 69,000円
  • 全身脱毛が最安値レベル!
  • 返金保証・ドクターサポートあり
  • 保湿鎮静ジェルには12種類の天然植物エキス配合

ラココでは脱毛中に冷却ジェルを使用し、脱毛施術後に保湿鎮静ジェルを使用します。

保湿鎮静ジェルには12種類の植物天然エキスを配合しており、肌を炎症から守る・保湿するといった役割を果たしてくれます。

また、冷却ジェルも保湿鎮静ジェルも水溶性コラーゲンが含まれていてお肌の保湿を助け、美肌に導いてくれます。

【ミュゼ】抑毛効果もあるミルクローションでケア

ミュゼ

両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース
6回 100円
Mカード入会で回数無制限にグレードアップ可能!
  • プラセンタエキス配合の保湿ローション
  • 保湿・美白・肌荒れケアなどの成分入り
  • ローション・美容液・ミルク・クリームのオールインワン

ミュゼの脱毛アフターケアは保湿だけでなく美白・肌荒れケアもできるオリジナルミルクローション。

脱毛後には施術部位にすーっとなじませて保湿ケアをしてくれます。

脱毛期間中の化粧水の使用は直前以外は使用OK

脱毛期間中は直前以外、化粧水で保湿

脱毛直前以外は化粧水でしっかり保湿を!

今回の内容をまとめると以下の通りです。

  • 脱毛期間中は脱毛部位をしっかり化粧水しておく
  • 脱毛直前は脱毛部位に化粧水や保湿クリームの使用は控える
  • 脱毛後は当日から化粧水などでしっかりと保湿する
  • ピーリング系など肌に刺激が強い化粧水は2週間ほど使用を控えておく
  • 脱毛直後の乾燥を防ぐためにアフターケアに力を入れている脱毛サロンもある

脱毛期間中は脱毛部位の保湿がとても大切です。

理由は、乾燥すると痛みや火傷などのリスクが高まってしまうことや、乾燥のし過ぎは脱毛施術自体が受けられなく案る可能性があるということです。

ただ、脱毛施術当日の朝や前日の夜などの施術直前の保湿は避ける必要があります。

保湿ケアに使用する化粧水やクリームなどの中にある油分が脱毛の光に反応して肌トラブルを招くことがあるからです。

脱毛施術前の朝は保湿不可ですが、施術後は特に乾燥しやすい状態になっているため、なるべく早い段階で保湿ケアをするようにしましょう。

ピーリングやスクラブは脱毛で敏感になった肌には刺激が強すぎるため、肌の状態が落ち着く2週間後くらいまでは使用を控えて下さい。

脱毛サロンの中には脱毛施術後に保湿ローションなどでしっかりと保湿をしてくれるところが多くあります。

中でもアフターケアにこだわりたい人にとっては、キレイモとミュゼがおすすめです。

脱毛前後に保湿ケアをする時のポイントと注意点についてお伝えしましたが、脱毛施術前後以外にも保湿ケアを続けることが大切です。

以下の記事には乾燥を予防する方法を含め、肌の保湿が必要な理由などもお伝えしていますので、ぜひこちらも参考にしてみて下さいね。

脱毛期間中にお肌の保湿が必要な理由と乾燥予防まとめ

トップページへ戻る