おでこ脱毛で額美人を目指すための基礎知識を紹介!

おでこ

「おでこの産毛が濃い」
「おでこが狭いから似合う髪型が少ない!」
「生え際の形が変」

など、おでこのムダ毛に関してコンプレックスや悩みを持っている人は意外と多いものです。

そんな悩みを持つ人におすすめするのが、「おでこ脱毛」です!

今回はおでこ美人を目指したい人のために、おでこ脱毛の基礎知識やおすすめの脱毛サロン・脱毛クリニックについてご紹介していきます!

おでこの毛を自己処理するのはよくないの?

カミソリ
「おでこをきれいにするだけなら自己処理が手っ取り早いんじゃないの?」と思う人も中にはいますよね。

おでこの毛を自己処理する方法として除毛クリーム・カミソリ・毛抜きなどの方法がありますが、おでこのムダ毛をなくすために自己処理は基本的におすすめしません!

まずは、おでこのムダ毛に自己処理をおすすめしない理由と、それぞれの自己処理によってどのような危険性があるかについてまずお伝えしていきます。

除毛クリームは顔の皮膚がかぶれる危険アリ

おでこを含め顔は皮膚が薄くて刺激を感じやすく、肌荒れも起こしやすいです。

除毛クリームは毛を溶かすほど強力な薬剤なので、肌の薄い額はかぶれてしまうケースが多く、さらには薬剤が目に入ってしまう危険性もあります。

カミソリのような剃り跡がないというメリットがあるものの、顔は万が一かぶれを起こした時などに隠すのが難しい部位ですので、顔の産毛をなくすために除毛クリームは使わないようにしましょう。

毛抜きでの自己処理は毛穴が広がる原因

毛抜き
眉の上や生え際の自己処理に毛抜きを使って整えている人もいるかもしれません。

しかし、毛抜きでの自己処理は毛穴に雑菌が入ってニキビや肌荒れになりやすくなるばかりか、毛穴が開いて黒いブツブツができてしまう原因にもなりがちです。

また、毛穴自体にも傷がついて炎症を起こすなど肌トラブルの元になります。

手軽で簡単にできるというメリットはありますが、顔の産毛を毛抜きで自己処理することはおすすめしません。

カミソリでの自己処理はシミやくすみになる

カミソリでの自己処理は、毛を剃るついでに肌の表面も削ってしまいます。

剃り続けることで肌荒れやニキビ、肌への刺激が原因で色素沈着の恐れもあります。

綺麗になりたくて顔の産毛を剃った結果、将来的に色素沈着によってお肌にシミができたりくすみができたりする元になってしまうのです。

また、額の範囲を広げたいからとカミソリで生え際を剃ってしまった場合、本来髪の毛が生えている範囲が青髭のようになってしまうケースもありますので、見た目的にもあまりよくありません。


ここまでのお話で自己処理は、肌に良くないということがわかって頂けたかと思います。肌が弱い人には、特におでこ脱毛がおすすめです。

また肌への負担を考慮するなら、肌に優しいおでこ脱毛が受けられる脱毛サロンを選びましょう。

ディオーネという脱毛サロンであれば、ハイパースキン法という産毛の脱毛に効果的な脱毛方法を採用しており、また痛みが弱いのでおすすめです。

ディオーネ顔脱毛

おでこ脱毛の基礎知識

自己処理ではキレイにできないおでこの産毛をキレイにできるのが「おでこ脱毛」という方法です。

つまり、脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛する方法ですね。

最近では人気モデルのダレノガレ明美さんが、コンプレックスだった「狭いおでこ」を脱毛して3センチほど広くしたと話題になっています。

参照元twitter.com

このようにおでこのムダ毛を脱毛サロンや脱毛クリニックで処理する人も最近は増えてきています。

この項目では、おでこ脱毛のメリットからおでこ脱毛のコツ、おでこ脱毛にかかる料金や回数など、おでこ脱毛の基礎知識について詳しくお伝えしていきます!

おでこ脱毛をするメリット4つ!

おでこ脱毛をすることで得られるメリットは以下の4つです!

  • おでこの範囲を広くできる
  • おでこの形を整えられる
  • 化粧ノリが良くなる
  • 顔色が明るくなる

おでこの幅が狭いというだけでなく、生え際の形が気になるという女性も多いのですが、おでこ脱毛をすれば自分の好きなデザインにすることができます。

また、産毛をなくすことで顔色が明るくなる、化粧ノリが良くなるなどの効果もあるので、おでこ脱毛をすると見た目がキレイになり、顔の印象が良くなるという大きなメリットがあります。

おでこ脱毛のデメリット

おでこ脱毛のデメリットとして、「失敗すると見た目が悪くなる」という点が挙げられます。

おでこ脱毛を失敗した人の意見には以下のような内容がありました。

「おでこが狭いのがイヤでレーザー脱毛をしました。おでこの範囲を3センチ広げたらハゲみたいになったし毛が生えてこない……」

「生え際までしっかり脱毛したら髪の毛との境目がはっきりしちゃってカツラかぶってるみたいになった……」

おでこが狭いことが悩みで脱毛するとしても、どうやらおでこの範囲を広げたいからと言ってただ範囲を広げればいいという訳ではないようです。

また、生え際までしっかり脱毛しすぎると不自然になり、カツラのように見えてしまいますので、生え際に関しては産毛を少し残しておいたほうが良いようです。

おでこ脱毛で理想的なおでこの形・デザインにするコツ

失敗談にあった「ハゲみたいに見える」「カツラっぽくなった」という2つの点を踏まえて、理想的なおでこの形・デザインを作るためのコツについてご説明します。

おでこ脱毛をする時、失敗しないために抑えておくポイントは以下の3つです。

  • 顔全体とのバランスを見る
  • 生え際のデザインを決める
  • 脱毛する回数ごとに脱毛範囲を狭めていく

それぞれのポイントについて詳しくお話していきます。

顔全体とのバランスを見る

まず、理想的なおでこの範囲ですが、以下の画像のように顔の大きさに対して3分の1程度が理想の範囲と言われています。

odeko

画像参照元ダツモウ.コム

理由は、「黄金比」と呼ばれる、人が美しいと感じる比率に近いからです。

ちなみに、画像にある「6.3cm~7.6cm」というのは日本人の顔の平均サイズ(19cm~23cm)に基づくものですので、自分の顔のサイズに合わせて額のサイズを調整しましょう。

生え際のデザインを決める

続いて生え際のデザインですが、以下の4種類が一般的な形です。

odeko-type

画像参照元ダツモウ.コム

人気がある形・デザインは一番右のアーチ型。

前髪をアップにしてもきれいに見えるおでこになります!

富士額型とM字型は自然な形に仕上げたい人に人気があります。

ちなみに、水平型は奥行きがあまりないため、おでこがやや狭く見えがちですので、脱毛する時は「アーチ型」「富士額型」「M字型」の3種類の中から選ぶと良いでしょう。

おでこ脱毛は、このように理想のおでこの形・デザインにこだわることができます。おでこ脱毛でデザインすれば、アップヘアアレンジなどヘアスタイルのバリエーションも増えますよ。

脱毛する回数ごとに脱毛範囲を狭めていく

3つ目のポイント、「脱毛範囲を少しずつ狭めていく」というのは自然に産毛を残すための方法です。

髪の毛とおでこの境界をくっきりさせるとカツラのようになってしまうため、生え際を綺麗なグラデーションにすることが大切です。

脱毛の時には毎回同じ脱毛範囲を脱毛するのではなく回数ごとに脱毛範囲を徐々に狭めるようにしましょう。

医療脱毛の場合は、永久脱毛になりますので特に脱毛範囲や形、デザインは慎重にカウンセリング時に話すようにしましょう。

失敗した場合のリスクを考慮するのであれば、毛が生えてくる可能性のある脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。

おでこ脱毛にかかる料金・回数・痛みについて

考える
実際におでこ脱毛を始めようと思ったら、気になるのが「いくらかかるのか」「何回通えばいいのか」ということですよね。

脱毛完了までの回数や料金は、実は脱毛サロンと医療脱毛で違いがあります

料金や回数を含め、医療脱毛と脱毛サロンがそれぞれのどのような特徴があるのかを以下の表にまとめてみましたので参考にしてみて下さい☆

医療脱毛と脱毛サロンの特徴
脱毛サロン 医療脱毛
脱毛完了までの回数目安 12回~18回程 5回~10回程
脱毛完了までにかかる期間目安 約2年 約1年
脱毛完了までの料金目安 25,000円~50,000円程 30,000円~40,000円程
脱毛施術の痛み 眉上や生え際は少し痛みがある 強めのデコピンや輪ゴムではじかれた痛み
副作用が出る可能性 低め 高め(赤みが出やすい)

痛みが強いことと、副作用として赤みが出やすいことがデメリットになっていますが、脱毛の効果が出るのが早いのは医療脱毛です。

反対に、時間はかかるものの痛みが少なく肌に優しいのが脱毛サロンです。

おでこ脱毛にどちらをおすすめするかは、脱毛する本人の肌質により変わってきます

痛みに弱く、肌に優しい脱毛がしたい人には脱毛サロン
痛みに強くできるだけ早く効果を見たい人には医療脱毛がおすすめです。

おでこ脱毛におすすめの脱毛サロン・医療脱毛

脱毛
おでこは「痛みを感じやすい」「産毛が多い」部位です。

脱毛する場所を選ぶなら、「痛みを感じにくく」「産毛の脱毛に強い」脱毛サロン・脱毛クリニックを選ぶのがポイントです。

また、おでこだけを脱毛すると、おでこだけツルツルになったとき顔の他の部分の産毛が目立ってしまいがちですので、脱毛するなら顔全体をまとめて脱毛できるといいですね。

今回はそれらのポイントを踏まえておでこ脱毛におすすめの脱毛サロン・脱毛クリニックをご紹介していきます!

脱毛サロンでおでこ脱毛するならディオーネがおすすめ!

敏感肌でも脱毛できる、痛みの少ない脱毛法を採用しているディオーネは脱毛サロンの中でも特におでこ脱毛におすすめです。

ディオーネの脱毛料金は以下の通りです。

ディオーネの顔脱毛料金
脱毛範囲 回数 料金
顔全体 12回 72,000円
おでこのみ 12回 24,000円

脱毛サロンの中には眉上やおでこの生え際の脱毛ができないところもありますが、ディオーネのおでこ脱毛は眉間・眉上のギリギリまで脱毛できます!

また、「ハイパースキン法」という新しい脱毛法を採用しています。
産毛の脱毛に効果があるだけでなく、痛みを感じやすい生え際や眉上なども痛みなしで脱毛できるため、おでこ脱毛におすすめです。

ディオーネ_おでこ脱毛

医療脱毛でおでこ脱毛するならクレアクリニックがおすすめ!

クレアクリニックの顔脱毛料金
脱毛範囲 回数 料金
顔全体 5回 98,820円
額のみ 5回 42,552円

クレアクリニックが採用しているダイオードレーザーの脱毛機は痛みが少なく産毛に強いという特徴があります。

万が一それでも痛みが気になる人のためには表面麻酔も3,240円で利用可能になっているので、生え際や眉の上の脱毛をする時も安心ですね。

因みに、顔全体を脱毛するコースには保湿と美肌効果のある1回2,000円の顔パックオプションがついてくるので料金もかなりお得になっています。

クレアクリニックではどのプランにも脱毛後にアフターケアにKAMAオイルを使用しています。
医療脱毛を受けながら美顔エステのような効果も期待できるため、「医療脱毛がいいけど美肌も目指したい!」という人におすすめです。

おでこ脱毛で理想の綺麗なおでこを手に入れよう!

きれいなアーチ型のおでこ

理想的なおでこを手に入れるために自己処理は禁物!
「綺麗なおでこ」になるどころか肌トラブルだらけのおでこになりかねません。

額美人を目指すのであれば、おでこ脱毛をするのが一番いい方法です。

ただ、おでこ脱毛も方法を間違えれば「ハゲてるみたい」「カツラのよう」という失敗をしてしまうケースがあります。

そうならないために大切なのが、以下の3点。

  • 顔全体とのバランスを考える
  • 生え際のデザインを決める
  • 脱毛する回数ごとに脱毛範囲を狭めていく

おでこ脱毛には、「痛みに弱く肌に優しい脱毛を希望」するなら脱毛サロンのディオーネ「できるだけ早く効果を見たい」のであれば医療脱毛のクレアクリニックがおすすめです。

ぜひ今回の記事を参考に、おでこ脱毛で理想の綺麗なおでこをGETしてくださいね☆

関連記事

トップページへ戻る