もみあげ脱毛で横顔美人になれる!理想の形や脱毛料金などを解説!

横顔

髪をアップにした時やショートヘアなど髪を短くしたときに意外と気になるのが耳の横のもみあげ

もみあげは形や長さ、量によって実は顔の印象が大きく変わる部分になります。

もみあげは長いと男性的に見えるため、実際、宝塚歌劇団の男役をしている人はメイクの一環としてもみあげの付け毛をしている人もいるとのこと。

女性の場合は薄くて短いもみあげが理想的ではありますが、自分で整えるのには難しい部位でもあります。

今回はそんなもみあげにコンプレックスや悩みを持つ人のために、理想のもみあげの形からおすすめの処理方法まで、横顔美人を目指すための情報をお伝えしていきます!

もみあげ脱毛についてだけではなく、自己処理の方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください☆

そもそも理想のもみあげの形って?

もみあげが長い、濃いなどの悩みを持つ人の中には「いっそのこともみあげを全部無くしたい!」と思う人がいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

実はもみあげは全て無くせばいいという訳ではないんです!

元々もみあげが薄い人の中には以下のように「もみあげがあると小顔効果がある」ということで、もみあげメイクをする人もいます。
もみあげメイク

参照元描き出すだけで小顔が叶う!もみあげメイクのススメ♡

だからといってボサボサのもみあげをそのままにすればいい、という訳でもありませんので、まずは女性にとっての「理想のもみあげの形」についてご説明していきます!

女性のもみあげは先の丸い逆三角形がベスト!

女性のもみあげの形は、基本的に先の丸い逆三角形が理想とされています。

続いてもみあげの長さについてですが、その人のヘアスタイルによって似合う長さは少し異なります。

ロングヘア・セミロング
耳の穴~耳たぶに届くぐらいの長さ
ショートヘア・ショートボブ
耳の真ん中~耳の穴ぐらいの長さ

一般的には耳たぶに届くくらいの長さが女性のもみあげとしては印象が良いのですが、ショートヘアなど髪が短めのスタイルの人はもみあげも短めの方がバランスよく見えることが多いです。

もみあげの毛を自己処理する方法

はさみなど
もみあげを自己処理する時は以下のものを準備してください。

  • ピン・ゴムなど髪の毛を留めておくもの
  • コーム
  • アイブロウorアイライナー
  • 小さめのはさみ
  • 電気シェーバー(I字カミソリ)

電気シェーバーが手元にない場合はI字カミソリでも可能です。

しかし、I字カミソリは力加減が難しく肌を傷つけやすいので、お手入れの時にはガードのついた肌に優しい電気シェーバーを利用すると良いでしょう。

もみあげを自己処理する手順は以下の通りです。

【もみあげを自己処理する手順】

  1. サイドの髪をピンやゴムで留める
  2. コームでもみあげを整える
  3. もみあげの長さを決めてアイブロウやアイライナーで目印つける
  4. 目印に向かって細くなるように余分な毛をはさみでカットする
  5. カットした後にはみ出ている部分を電気シェーバーで剃る

ポイントは、アイブロウやアイライナーで印をつける時、左右で同じ高さに揃っているかを左右と正面の両方から確認すること。

そうすることで左右非対称になってしまうという失敗がなくなります。

ちなみに、自然な仕上がりを目指すのであればシェーバーは上から下へ優しく動かして剃るといいでしょう。

注意※自己処理では基本的にもみあげの横幅は変えないこと!
もみあげの横幅を処理するのは難しく、不自然になってしまがちなので自己処理では長さと量のみ変えるようにしましょう。
横幅を狭めたい場合は脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛がおすすめです。

もみあげを自己処理することのデメリット

手軽に家でもできるのが自己処理のメリットですが、もみあげを自己処理することには以下のようなデメリットもあります。

  • 剃ってもすぐに生えてくる
  • 長期間続けると色素沈着(シミ)になりやすくなる
  • 肌荒れやニキビの元になりやすい

せっかくキレイにもみあげを整えても、数日たつとすぐに生えてきてしまうのが自己処理の大きなデメリットです。

他にも長期間自己処理を繰り返すことで色素沈着や肌荒れ、ニキビの元になってしまうなど肌トラブルにつながるケースもあるため、一時的ではなく定期的にもみあげを整えるのであれば自己処理よりも「もみあげ脱毛」で整えるほうが良いでしょう。

もみあげは脱毛すれば定期的に剃る手間がなくなる!

注目
もみあげの濃さや幅、長さを長期的に改善したいのであれば「もみあげ脱毛」をするのがおすすめです。

この項目では「もみあげ脱毛」のメリットとデメリット、もみあげ脱毛にかかる料金や回数などを順にご紹介していきます!

もみあげ脱毛のメリット・デメリット

もみあげを脱毛することによるメリットとデメリットはそれぞれ以下の通りです。

  • 自己処理の時よりも自然な見た目のもみあげにできる
  • 定期的な自己処理の手間が省ける
  • もみあげの形や長さの失敗を避けられる
  • 脱毛完了するとやり直しがきかない

もみあげを整えることでアップのヘアスタイルやショートヘアでもぱっと見の印象が良くなりますが、自己処理ではどうしても次々と毛が伸びてくるなど見栄えが悪くなりがちです。

しかしもみあげ脱毛をすることにより、毛自体が生えてこなくなるため、毛が残る&毛が伸びてくることによる見栄えの悪さを気にしなくてもいいようになります。

反対にデメリットは脱毛の時のデザインや毛の濃さを失敗してしまうと失った部分は取り返せなくなるということです。
失敗を避けるためには、脱毛前のカウンセリングで必ず「もみあげの毛を全体的に薄くしたいのか、それとも形だけを整えたいのか」など、自分の希望をしっかり伝えることが大切になります。

もみあげ脱毛にかかる料金と回数は?

もみあげ脱毛にかかる料金と回数目安
脱毛サロン 医療脱毛
脱毛完了までの料金目安 9,000円~25,000円程 8,500円~25,000円程
脱毛完了までの回数目安 6~8回程 1~3回程

もみあげ脱毛の場合は「毛の量を減らす・整える」という目的ですが、もしもみあげの毛をすべて無くしたい場合はもう少し回数が必要になります。

医療脱毛の場合は1回でも効果が大きく出るため、一気に毛がなくなって生えなくなってしまったというケースがあります。

そういった点から毛の量を少なくしたい人には向きませんが、形を整えるだけであれば効果が出るのが早いため医療脱毛がおすすめです。

反対に脱毛サロンの場合は効果が出るのがゆるやかですので、全体の毛量を効果の度合いに応じて調整しやすいです。

ただ、医療脱毛に比べて回数がかかりますので、少しずつ様子を見ながらもみあげの形や毛の量を整えていきたい人には脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。

もみあげ脱毛におすすめの脱毛サロン・脱毛クリニック

考える
もみあげ脱毛におすすめの脱毛サロン・脱毛クリニックの特徴は以下の2点です。

  • 顔全体が脱毛できる
  • 産毛に強い脱毛機で脱毛できる

せっかくもみあげを脱毛しても頬や鼻下などの毛が濃いと、顔全体の印象があまりよくありませんよね。

もみあげを脱毛する時は顔全体をまとめて脱毛できるところがおすすめです。

また、もみあげを含め、顔のムダ毛は基本的に産毛が多くなっています

一般的な脱毛機では産毛には脱毛効果が出にくくなっているため、産毛に強い脱毛機で脱毛ができる脱毛サロンや脱毛クリニックを選ぶことが大切です。

以上の2点を踏まえて今回はもみあげ脱毛におすすめの脱毛サロンと脱毛クリニックをそれぞれご紹介していきます!

銀座カラーは1ヵ月間隔の早いペースで脱毛ができる!

銀座カラー5月

銀座カラーの脱毛料金
脱毛範囲 回数 料金
顔全体 24回 173,400円
もみあげ 8回 21,000円

老舗脱毛サロンの銀座カラーは全身脱毛で有名ですが、もみあげのみの脱毛や顔脱毛も行っています。

創業から24年の脱毛実績を生かして、一人一人にカルテを作成。
肌質や毛質、脱毛効果の出かたなどの個人差に合わせてベストな施術方法で脱毛をしてくれるとのこと。

さらに、肌のターンオーバーに合わせて1ヶ月ごとの早いペースで脱毛ができるため、効果の実感が早く感じられます。

また、銀座カラーが使用している脱毛機は美肌効果のあるIPLの光を使用しています。

希望する人にはオプションとして『美肌潤美』という保湿ケアのサービスも行っているため、脱毛だけでなく美肌を目指したい人にもおすすめです。

ディオーネはもみあげの産毛にも効果が高く痛みが少ない!

ディオーネ美顔脱毛

ディオーネの脱毛料金
脱毛範囲 回数 料金
顔全体 6回 42,000円
頬(もみあげ) 6回 15,000円

敏感肌専門の脱毛サロン「ディオーネ」は痛みが少ない脱毛として人気が高いです。

ディオーネの「ハイパースキン法」と呼ばれる最新の脱毛法は、従来の脱毛法に比べて産毛への効果が高く、もみあげを含めた顔の脱毛に最適です。

また、ディオーネの脱毛機の光にはフォト美顔の光が約3割含まれているため、脱毛しながら美肌も目指すことが可能になっています。

現在、ディオーネの美顔脱毛が1回3,240円でお試しできるプランもありますので、気になる方はぜひ一度お試しで脱毛してみることをおすすめします!

リゼクリニックは3種類の脱毛機で毛質に合わせた脱毛が可能!

リゼ

リゼクリニックの脱毛料金
脱毛範囲 回数 料金
顔全体 5回 99,800円
ほほ(もみあげ含む) 5回 39,800円

リゼクリニックは3種類の脱毛機を使い分けて、その人の肌質や毛質に応じて一番効果の高い脱毛機で脱毛してくれるのが強みです。

3つのうち2つの脱毛機は産毛に強いダイオードレーザーを採用した脱毛機ですので、もみあげを含めた顔の脱毛にも効果が高くなっています。

他にも予約キャンセル料やシェービングサービスが無料など、通いやすさの面から言っても評価が高いのがリゼクリニックの特徴。

脱毛クリニックでは男性医師が担当することも多いのですが、リゼクリニックの場合はカウンセリングを必ず女性医師と女性スタッフで担当してくれるので、ムダ毛の悩みについても相談しやすいですね。

カウンセリング自体も無料で受診できるので、もみあげ脱毛について気になる方はまず無料カウンセリングで相談してみて下さいね。

横顔美人を目指すなら自己処理よりもみあげ脱毛!

もみあげ
今回は横顔美人を目指すための情報をお伝えしてきましたが、内容を簡単にまとめてみました!

  • 理想のもみあげの形は「先の丸い逆三角形」
  • 一般的に耳たぶに届くくらいの長さがベスト
  • もみあげを自己処理する場合は左右の長さに気を付ける
  • もみあげを美しくキープしたいなら脱毛がおすすめ
  • もみあげ脱毛の時は形や薄さに気を付ける
  • 形だけ整える場合はリゼクリニックがおすすめ
  • 全体の毛の量も整えたいならディオーネがおすすめ

女性的なもみあげは「先の丸い逆三角形」が理想の形。
長さは耳たぶよりも短いほうが女性的で横顔も美しく見えます。

自己処理をする時は左右の長さのバランスに注意が必要ですが、長期的に美しいもみあげの形や長さをキープしたいのであれば、自己処理よりも脱毛することがおすすめです。

もみあげ脱毛をすることで一度脱毛完了するともう毛が生えてこないため、再びもみあげを長くすることはできなくなりますが、自己処理が楽になり美しいもみあげをキープできるというメリットがあります。

医療脱毛は効果が出るのが早いため、1回でほとんど生えてこなくなるケースもあり、毛の量を減らす目的にはあまり向きません。
しかし、少ない回数で脱毛完了が可能になっている為、もみあげの形を整える時だけであれば医療脱毛がおすすめです。

反対に脱毛サロンのもみあげ脱毛は効果が出るのに時間がかかりますが、全体の毛の量や形を調整しやすいので、状態を確認しながら形を整えたい人におすすめです。

もみあげを整えれば横顔が美しく生えるだけでなく、正面からの印象も女性らしく変わることができます。

ぜひ今回の記事を参考に美しいもみあげをGETしてくださいね!

関連記事

トップページへ戻る