ETL脱毛(絶縁針脱毛)とは?ETL脱毛前に知っておきたい情報まとめ

ETL脱毛とは

ETL脱毛とは、ニードル脱毛の一種で永久脱毛が可能な脱毛として利用されています。

痛みが強いという認識されているニードル脱毛の中でも比較的痛みが少なくリスクも少ないことから、現在でも一部の脱毛サロン・脱毛クリニックで利用されています。

ただ、多くの脱毛サロン・脱毛クリニックで利用されている光脱毛やレーザー脱毛とは脱毛の方法が全く異なるため、詳しい情報について知らない人も多いかと思います。

そこで今回はETL脱毛について、脱毛前に知っておきたい情報をまとめてみました!

ETL脱毛とは

ETL脱毛のETLというのは、Electro Thermo Lysisの略で、永久脱毛が可能なニードル脱毛の一種です。

Electro Thermo Lysisを直訳すると、電気、熱、融解となっており、言葉の通り電気の熱で毛を破壊させる脱毛方法になります。

ETL脱毛は医療行為にあたるため、基本的には脱毛クリニックでの脱毛となりますが、CPE(認定電気脱毛士:Certified Professional Electrologist)取得者がいる一部の脱毛サロンではETL脱毛を取り扱えるようになっています。

ETL脱毛を取り扱っている脱毛サロンについては日本スキン・エステティック協会のサイトを参照してください。

日本スキン・エステティック協会のサイトはこちら

吹き出しうさぎウインク

脱毛サロン業界において、ETL脱毛は美容電気脱毛とも呼ばれているよ。
ETL脱毛が受けられる脱毛サロンで有名なのはTBCの『終わりのある脱毛』だね。

ETL脱毛の脱毛方法

絶縁針脱毛について

参照元日本医学脱毛協会

ETL脱毛は、非常に細い0.2㎜ほどの専用のステンレスチップを毛穴から毛根に沿って挿入し、毛根の周辺の組織だけを破壊する方法で脱毛を行います。

かつてのニードル脱毛(電気針脱毛)の場合、挿入する針の全体に電気や高周波が流れていたため、毛根部分以外の皮膚に電気針が触れてやけどや色素沈着のリスクが高くなっていました。

しかしETL脱毛では、皮膚と接触する部分が絶縁状態になっているので、火傷のリスクが低くなっています。

施術は1本1本行うため、時間はかかるものの確実にムダ毛を処理でき、毛根を破壊することで毛の再生能力が無くなるため、『永久脱毛』が可能です。

ETL脱毛をする時の注意点

ETL脱毛を受ける時にはいくつかの注意点があります。

  • 施術前に毛を剃らない
  • 施術日は入浴を避ける
  • 激しい運動はしない
  • 日焼けに注意する

脱毛サロンの光脱毛や脱毛クリニックのレーザー脱毛は、脱毛の前にムダ毛を剃っておく必要がありますが、ETL脱毛はムダ毛が生えた状態で行う脱毛方法なので、ムダ毛を事前処理する必要がありません。

ただ、ETL脱毛は毛穴に直接電気を通すので、脱毛直後は肌に赤みが出たり腫れたりすることがあります。

脱毛直後は基本的にアイスパックなどで冷やしますが、体温を上げてしまうような入浴や運動、日焼けは避けるという注意が必要です。

吹き出しうさぎ困り顔

脱毛後の毛穴には熱がこもっていてダメージに弱い状態。
脱毛した日の運動や日焼け、入浴などは毛穴の色素沈着にもつながるから、脱毛後は体温を上昇させる行動は控えてね。

ETL脱毛のメリット・デメリットは?

メリットデメリット

ETL脱毛の特徴を踏まえて、メリットとデメリットについてそれぞれ要点をまとめてみました!

【メリット】永久脱毛が可能・肌質毛質に関係なく脱毛可能

  • 色素が濃い肌でも脱毛が可能
  • 金髪・白髪も関係なく脱毛できる
  • ほくろの毛も脱毛が可能
  • 永久脱毛が可能
  • デザイン脱毛ができる

ニードル脱毛の大きなメリットは、脱毛サロンや脱毛クリニックの脱毛とは異なり、色素の濃い部位や金髪・白髪の脱毛が可能になっていることです。

脱毛サロンや脱毛クリニックでの光脱毛・レーザー脱毛は、基本的にメラニン色素(濃い色素)に反応する脱毛法になっている為、日焼け肌や乳輪周りなど色素の濃い部位の脱毛ができません。

また、色素が薄いことから金髪や白髪などの脱毛も難しくなっていますが、ETL脱毛であれば部位や毛質・肌質に関係なく脱毛が可能になっています。

さらにETL脱毛は、毛根にある毛の元「毛母細胞」を破壊することで、その毛穴から生えている毛は再生刺せないようにするため『永久脱毛』が可能です。

1本ずつムダ毛を脱毛できるので、ヒゲやVIOなどを自分の好きな形にデザインすることも可能です。

吹き出しうさぎ指さし

医療脱毛のレーザー脱毛でも永久脱毛が可能だけど、広範囲の脱毛の場合、稀にレーザーのあて漏れなど効果がない部分が出てくることもあるよ。
ETL脱毛は1本1本確実に脱毛ができるから、脱毛効果に確実性が欲しい人にはおすすめだね!

【デメリット】痛みが強い・高価で施術に時間がかかる

  • 脱毛時の痛みが強い
  • 1本ずつしか処理ができないので時間がかかる
  • 脱毛料金が高額/li>
  • 脱毛前に毛を伸ばしておく必要がある

ETL脱毛の大きなデメリットは、脱毛時の痛みです。

針全体に電気が通るニードル脱毛に比べると痛みは軽減されているものの、脱毛サロンの光脱毛や脱毛クリニックのレーザー脱毛に比べると痛みが強くなっています。

また、ムダ毛を1本ずつ処理するため時間がかかってしまうこと、そして脱毛料金が高額なことがデメリットに挙げられます。

さらに、施術前は毛を伸ばしておく必要があるため、薄着シーズンに腕などの露出部位を脱毛する場合、ムダ毛を放置することに抵抗を感じる人も多いかもしれません。

吹き出しうさぎ困り顔

ETL脱毛は脱毛サロンでも脱毛クリニックでも痛みを強く感じるという口コミや意見が多いよ。
針を毛穴に通す時よりも、毛根に電気を通す時に痛みを強く感じるみたい。
脱毛クリニックであれば痛みを軽減するためにいくつかの試みがあるみたいなので、次の項目で詳しく説明していくね!

ETL脱毛の痛みを軽減する方法3つ

ETL脱毛の痛みの軽減

デメリットの一つに痛みの強さが挙げられたETL脱毛ですが、脱毛クリニックでは痛みを和らげる方法として、主に以下の3つの方法を取り入れています。

  1. 冷却法
  2. 局所麻酔注射
  3. 麻酔クリーム

①冷却法

冷やす

冷却法とは、施術前に脱毛部位をアイスパックなどで冷やす方法です。

皮膚表面を冷やすことで、脱毛時の痛みを鈍くするだけでなく、脱毛後の赤みや腫れを軽減することも可能です。

②局所麻酔注射

麻酔

脱毛する部位に直接麻酔の注射をする方法です。

広範囲の場合は麻酔の濃度が高くなってしまう為、主に範囲の狭いワキやVラインにのみ使用されているようです。

注射する麻酔薬の成分にアレルギーがあると脱毛ができませんし、麻酔後は人によって何時間か頭がぼんやりすることもあります。

③麻酔クリーム

くりーむ

脱毛の施術前に塗っておくクリームタイプの麻酔です。

皮膚に塗ると2~30分程度で肌表面の感覚が鈍くなります。

塗るだけの麻酔なので手軽ではありますが、注射による麻酔とは異なり完全に痛みを無くすことができず、いくらかの痛みは感じてしまいます。

使用する麻酔クリームにはリドカインまたはキシロカインの成分が含まれていますが、これらの成分にアレルギーがある場合は利用できません。

【まとめ】ETL脱毛は永久脱毛の効果をしっかりと実感したい人におすすめ

ETL脱毛まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

  • ETL脱毛はニードル脱毛の一種
  • 永久脱毛が可能
  • 毛質や部位を選ばず脱毛できる
  • 1本1本脱毛するので時間はかかるがデザイン脱毛が可能
  • 痛みが強いが麻酔を使用することが可能

ニードル脱毛の中でも比較的痛みの少ないETL脱毛ですが、光脱毛やレーザー脱毛に比べると料金も高額で施術時間が長くなっています。

また、痛みが強いという大きなデメリットもありますが、脱毛クリニックによっては麻酔を使用することも可能ですし、施術前に脱毛部位を冷やすなど痛みを軽減する試みもされています。

いくつかのデメリットがある反面、毛質や肌質を選ばずに脱毛が可能ですので、狭い範囲で確実に永久脱毛がしたいという人におすすめの脱毛方法になっています。

現在ETL脱毛を取り扱っている脱毛サロン・脱毛クリニックは少なくなっていますが、デザイン脱毛がしたい人や高い脱毛効果を求める人には根強い人気があるようです。

ETL脱毛が受けられる脱毛サロン・脱毛クリニックについてや、実際にかかる料金などについては以下のページで紹介していますので、今回の記事と合わせてぜひチェックしてみて下さいね。

トップページへ戻る