脱毛前後のお酒はダメ!?飲酒と脱毛の関係や禁止な理由について

脱毛とお酒

休日に脱毛の予約を入れている人も多いと思いますが、貴重な休日は楽しいお酒のお誘いが入ってくることも結構ありますよね!
しかし、その日は脱毛サロンの予約を入れていた・・・!なんていうことありませんか?

「少しぐらいなら平気じゃない?」
「お酒を飲んで脱毛したらどうなるの?」
「まさに飲んでしまった後なんだけど…」

などなど、今回は”脱毛とお酒”の関係について詳しく調べてみました。
これから脱毛をしようと考えているお酒好きさんは、脱毛サロン・医療クリニックの選び方も紹介しているので参考にしてみて下さいね。

脱毛前後にお酒を飲んではいけない理由

NO_キャラクター

脱毛サロン・医療クリニックの注意点で、「飲酒はしないでください」と言われることがあります。その理由や、脱毛後の飲酒のトラブルについて調べてみました。

お酒を飲むと肌トラブルが起きやすい

脱毛サロンや医療クリニックで、脱毛後の飲酒を禁止される理由についてみていきましょう。

●体温が上がる

脱毛後は、体温が上がるようなことは避けるように言われていますが、飲酒も体温が上がる行為の一つです。

●飲酒以外にも禁止されている行為

・激しい運動
・日焼け
・マッサージ
・サウナ
・長風呂、温泉
 …など。

アルコールを摂取すると、カラダの血の巡りが良くなるため体温が上がります。そのため、脱毛前後に飲酒をしてしまうと、カラダの体温を上げ肌トラブルが起きやすくなる原因を作ってしまいます。

●肌が乾燥しやすい

アルコールを飲むと、カラダの臓器に影響を与えるため脱水症状になりやすくなっています。また、肌の水分も蒸発してしまうので、肌が乾燥しやすい状態です。

肌が乾燥すると、肌ダメージを受けやすい状態になっているため、お酒を飲んでしまうと脱毛中の痛みや赤み・痒みが増す可能性があります。

脱毛後はお酒の誘惑に勝てない!

脱毛後のお酒はダメ!と注意されても、SNSではお酒の誘惑に負けてお酒を飲んでしまう人もたくさんいました…!

SNSでは脱毛後にお酒の誘惑に勝てず、飲酒してしまう人もたくさん…!「自分は大丈夫」「お酒が強いから平気!」と思っていても、脱毛後の肌は肌トラブルが起きやすくなっています…。
次は、実際に肌トラブルが起きた人の口コミを紹介していきます。

脱毛後お酒で実際にトラブルが起きた人の口コミ

「私は大丈夫」と思って、うっかりお酒を飲んだら肌にトラブルが出てしまった…という人も少なからずいます。SNSで実際にトラブルがあった人の口コミを見ていきましょう。

SNSの口コミを見ると、脱毛した日にお酒を飲んで痒みの症状が起きた人もたくさんいましたね!脱毛後は肌が敏感になっているから、誘惑に負けないようにぐっとこらえましょう!

トラブルが起きたら病院へ相談しよう

万が一、お酒を飲んでトラブルが起きた場合は、脱毛した部位を冷やし病院で受診するようにして下さい。

脱毛サロンや医療クリニックでも対応してもらえると思いますが、お酒を飲むことを禁止しているため、”自己責任”と思われてしまう可能性があります。

脱毛サロンや医療クリニックのスタッフに言われた注意事項はしっかり守り、飲酒はしないようにして下さいね!

脱毛前後×お酒の気になる疑問

脱毛×お酒に関する気になる疑問についてお答えしていきます。

我慢できずに飲んでしまったら…

カクテル

我慢できずに飲んでしまった場合、施術部位に異常がなければ特に問題はありません。

しかし、施術した部位に赤みや痒みの症状が出た場合は、濡れタオルなどで冷やし症状が酷くならないように、簡単な処置をしましょう。
冷やした後は、肌が乾燥しないようにボディクリームなどで保湿をしてください。

それでも痒みが収まらなかったり、症状が酷くなるようであれば病院へ相談しましょう。

飲酒が可能な時間は脱毛後どれぐらい?

砂時計

脱毛後の飲酒が可能な時間は、脱毛サロン・医療クリニックによって違いますが、だいたいの場合脱毛後12時間が目安となっています。

しかし、肌トラブルのリスクを軽減するには、脱毛前後の1日~2日はお酒を控えると安心です。脱毛前後は、美容期間と思って脱毛前後の飲酒は控えましょう。

脱毛前後にお酒の席に参加したい!

飲み会

脱毛前後に、急なお誘いありどうしても飲み会に参加したいという人は、ノンアルコールで対応しましょう。アルコールが少量なので、脱毛後の肌に大きな影響を与えることはありません。

ノンアルコールは、お酒好きさんにとって苦しい状況かもしれませんが、美肌になれるための期間だと思って我慢しましょう!
合コンの席であれば「お酒が飲めない女子♥」をアピールしちゃいましょう( *´艸`)

お酒好きでも脱毛がしたい!脱毛サロン・医療クリニックの選び方

お酒好きさんが脱毛を選ぶ際に注目して欲しい”脱毛サロンの選び方”のポイントを紹介していきます。

予約の取り直しがしやすい

スマホ_操作する

ネットで簡単に予約の取り直しが出来る場所だと、急な予定が入った場合でも予定を組みやすくなります。

また、予約を取り直す際は、キャンセル料に注意しましょう。店舗によっては、当日に予定を変更するとキャンセル料を取るところやも1回分の施術を消化してしまうところもあるので、カウンセリングの際に確認して下さい。

本来、当日キャンセルを行うことは、脱毛サロン・医療クリニックや他のお客さんにとって迷惑となってしまう行為です。変更がないように予定はしっかり立てましょう。

閉店時間が遅い

腕時計

楽しい飲み会の予定は休日に入りがちですよね。急な予定でキャンセルをしないように、脱毛の予定は平日で終わらせてしまいましょう!

脱毛サロン・医療クリニックによって、閉店時間が20時以降の店舗もあるので、仕事が終わった後でも施術を行うことが出来ます。
平日に終わらせておけば、休日は思い切り飲み会に参加することが出来るので、平日に終わらせておくことをオススメします。

脱毛の施術完了が早いところ

スケジュール表

脱毛施術の期間が長ければ長いほど、休日の予定に影響することが多くなります。
当日キャンセルをする可能性も多くなるので、脱毛完了期間が早い脱毛サロンや医療クリニックを選びましょう!

脱毛サロン・医療クリニックによっては、1年以内で脱毛を完了出来る店舗もあるので、店舗を選ぶ際には施術完了期間もチェックして下さいね。

脱毛前後は美容期間♥お酒を控えて美肌に徹しましょう!

お酒_ボトル

この記事についてまとめていきます。

  • お酒は体温を上げるため脱毛後肌トラブルを起こしやすくなる
  • うっかりお酒を飲んでしまいかゆみが出たら病院へ相談
  • 脱毛前後12時間はお酒を控える
  • 「予約の取り直しがしやすい」「営業時間が長い」「施術完了が早い」脱毛サロン・医療クリニックを選ぶ
  • 脱毛の日は「美容期間」飲酒を控えてアフターケアに徹する

脱毛前後のお酒は、脱毛後の肌トラブルを起こしやすいため12時間は控えるようにしてください。

お酒が好きな人は、脱毛施術の期間が早く終わる脱毛サロン・医療クリニックでの施術がオススメです。早めに完了させることで、急な予定が入っても影響することはありません。
また、飲みの席が入ったら、早めに脱毛サロン・医療クリニックへ連絡し予定を変更してもらって下さいね。

脱毛前後の期間は、お酒を控えて美肌になれるように努めましょう!

トップページへ戻る