脱毛前は正しい自己処理が大事!やってはいけない注意点は?

サングラスをかけた女性

全身脱毛前には、まずはムダ毛の自己処理をする必要があります。

ムダ毛の処理はただ剃るだけでなく、お肌を傷つけない正しい方法で行うことで、
肌トラブルを予防しキレイなツルツル美肌を目指すことが出来ます!

そこで今回は、全身脱毛前のムダ毛の正しい自己処理や注意点について紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

全身脱毛前は自己処理が必要!

全身脱毛を始める前は、必ずムダ毛の自己処理をしなければいけません。ここでは、ムダ毛の自己処理が必要な理由やメリットについて紹介していきます。

施術前はなぜムダ毛の処理が必要なの?

はてなマーク

全身脱毛前は「どうして自己処理が必要なの?」と思ったことはありませんか?毛がたくさん生えていた方が、効果はありそうなのに・・・!

その理由は、脱毛に使用する光脱毛やレーザー脱毛の特徴に関係しています。
光脱毛やレーザー脱毛は、黒いものに反応し毛根へダメージを与えていきますが、
ムダ毛処理を行わずに機械を当ててしまうと、ムダ毛が邪魔をし毛根へダメージを与えにくくなります。

そのため、全身脱毛前はムダ毛の処理を行い、毛根に光やレーザーでしっかりダメージを与えることが大切です!ムダ毛の自己処理をきちんと行い、脱毛の効果を高めましょう。

脱毛前に自己処理をするメリット

手を広げる

脱毛サロンではシェービングのサービスも行っていますが、ほとんどの場合有料が多いです。

シェービング代は脱毛サロン・体の部位にもよりますが、数千円かかるところもありますが、自己処理をしておくと料金はかかりません。
そのため、少しでも節約したい方は、自己処理することでシェービング代の節約をすることが出来ますが

また、シェービングに時間を取られてしまうと、予約時間内で施術時間が足りなくなり最悪の場合、中途半端に当てられてしまうということも…!
前日にムダ毛の処理をして行くことで、施術時間の短縮になり、気になる箇所の施術をしっかり受けることが出来ます★

 

全身脱毛前の正しいムダ毛の自己処理方法

次は、全身脱毛の正しい自己処理の方法について紹介していきます。自己処理は体の部位によって変えることで、最適なお手入れ方法をすることが出来ます。

正しいムダ毛の自己処理をするためには、以下のポイントは必須です!

  • ムダ毛の自己処理前・後は保湿を行う
  • お風呂の10分後がオススメ
  • 毛の流れと逆方向に剃らないこと
  • 電動カミソリ・電気シェーバーを使用


部位別の自己処理の方法

●腕・足

足

  1. 腕や足の自己処理は、最初に電気カミソリで毛の流れにそって剃っていきます。
  2. 長い毛を処理出来たら、仕上げにシェーバーでキレイに残りの毛を剃って下さい。
ポイント❢
肘や太ももの裏は剃り残しが多い場所なので、しっかり確認しましょう。

 

●バスト

寝る女性

  1. バストも電動カミソリ・シェーバーを使用し、全体を剃っていきます。
  2. バストトップ周りは、剃りやすいI字の電動カミソリを使用しましょう。
ポイント❢
バストトップを傷つけないように気を付けて下さいね。

 

●おなか

ウエスト

  1. おなかの毛も電動カミソリや電気シェーバーを使用し、上から下に剃っていきます。
  2. おへそ周りの毛は濃い毛もあるので、しっかりシェービングするようにして下さい。
ポイント❢
おへそを傷つけないように注意しましょう!

 

●顔

女性の顔

  1. 始めに、シェーバー用のクリームを塗ります。
  2. 顔の産毛は、肌を少し引っ張りながらクリームを取るように、電動カミソリで毛の流れと同じ方向に剃っていきます。
  3. 何度も剃らずに一度でシェービングするようにしましょう。
ポイント❢
顔の皮膚は薄く、肌に刺激を与えやすいです。
自己処理後は、洗顔で産毛を流し肌を保湿して乾燥を防いでくださいね。

 

●VIO

水着

  1. VIOの自己処理の時は、始めにクリームで保湿をしましょう。
  2. VIOの毛は太く剛毛です。始めはハサミで毛をある程度短くしてきます。
  3. ハサミで短くしたら電動カミソリで剃っていきます。
  4. 最後に、電動シェーバーを使用して短い毛も処理するようにして下さい。
ポイント❢
VIOの毛は始めからカミソリで剃ってしまうと、刃に毛が引っかかりやすいので、ハサミ・電動カミソリ・シャーバーを使用して順序良く剃るようにしましょう。

部位別によって最適な自己処理の方法をすることで、お肌を傷つけずきれいにムダ毛の処理を行うことが出来ます。

手が届かない場所はどうする?

髪を上げる

  • うなじ
  • 背中
  • Oライン

体の背面部分は、手も届きにくく自己処理をするのはとても大変ですよね。無理に自己処理をしてしまうと、カミソリ負けをして皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

そんな状態で光脱毛やレーザー脱毛を当ててしまうと、肌トラブルが起きやすくなるので丁寧に自己処理をすることが大切です。どうしても自己処理が難しい場所は、無理をせず脱毛サロンのシェービングサービスを頼むのもオススメですよ。

脱毛サロンではうなじ・背中はサービスでやってくれることもあるので、無料カウンセリングでスタッフに事前にチェックしておきましょう!
シェービングが必要な方は、予約の際にしっかり伝えておくようにしておいて下さいね。

 

全身脱毛前に気を付けたい自己処理の注意点

自己処理をする際の注意点について紹介します!

使用してはいけないもの

自己処理をする際は、なるべく肌を傷つけない方法でお手入れをすることが大切です。特に、自己処理をする際に使用していけないものを紹介していきます。

●カミソリ

カミソリ

ムダ毛の処理で多くの方が、カミソリを使用していると思います。

カミソリは、安価で様々な種類があるので手に入れやすく、自己処理も手軽に出来るのが特徴です。しかし、カミソリは肌が乾燥しやすくなり肌を傷つけやすく、カミソリ負けや色素沈着の原因になる恐れがあるので注意しましょう。

また、保存状態の悪いカミソリは刃で肌を傷つけやすくなるので、使用しないでください。

●毛抜き

毛抜き

脱毛前の自己処理で、特に使用を控えてほしいアイテムが、毛抜きです。

しかし、毛抜きで無理やり抜くと毛穴が引っ張られてしまい、ポツポツと盛り上がった肌になり見た目にも影響します。また、毛抜きでムダ毛処理を行ってしまうと、毛穴から毛がなくなってしまうため、脱毛サロンで施術をしてもあまり意味がなくなってしまいます。

ムダ毛の自己処理の際は、毛抜きの使用は絶対にしないようにしましょう!

●除毛クリーム

手にクリームをのせる

最近よく販売されている除毛クリームも、肌に刺激を与え負担をかけるため注意が必要です。

除毛クリームは、塗って数分置くことで毛を溶かしムダ毛処理を行うことが出来ますが、
敏感肌の方にとっては刺激が強いため、肌トラブルが起きやすくなります。

肌の状態が悪いと、脱毛の施術が出来なくなることがあるので気を付けましょう。

 

剃り残しに気を付けたい部位

せっかく自己処理を頑張ったのに、施術前に剃り残しを発見してしまった…!ということがあります。

【剃り残しが多い場所】

  • 太ももの裏
  • 手や足の指の毛
  • 背中やお尻の背面

剃り残しがあった場合、その部分の施術をしてもらえないということもあるので、ムダ毛の自己処理をした後は、鏡でチェックしたり、家族に見てもらって下さいね。

 

全身脱毛前は正しい自己処理しよう

女性

この記事についてまとめていきます。

  • 全身脱毛前はムダ毛処理を行うことで、効果を高めることが出来る
  • 自己処理を行うことで、節約・時短につながる
  • 部位に合わせたお手入れ方法で正しい自己処理を行う
  • 自己処理は電動シェーバーを使用するとお肌を傷つけない
  • 剃り残しをしないように注意しよう

全身脱毛前は、しっかり自己処理を行うことが大切です。

処理をしていない状態でいくと、光やレーザーがしっかり届かないので、効果を実感しにくくなります。
また、間違った自己処理を行うと、脱毛の効果を妨げることもあるので注意しましょう。

正しい自己処理を行い、全身脱毛の効果を高めていきましょうね★

関連記事

トップページへ戻る